事業再生では資金繰り表の経常収支をプラスにする方法を考えてください。 - 融資・資金調達 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルタント 代表取締役
東京都
起業・資金調達・事業再生コンサルタント
03-3226-7272
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

大間 武
大間 武
(ファイナンシャルプランナー)
大間 武
大間 武
(ファイナンシャルプランナー)
相馬 純
相馬 純
(保険アドバイザー)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

閲覧数順 2017年07月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事業再生では資金繰り表の経常収支をプラスにする方法を考えてください。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 融資・資金調達
融資について全般

事業再生では資金繰り表の経常収支をプラスにする方法を考えてください。

元銀行員の事業再生・資金繰り改善コンサルタントの渕本です。

【 無料の資金繰り表・経営改善計画書のサンプル 】


銀行へ返済猶予(リスケ)の協力を求めるケースもそうですが。。。

資金繰りが厳しくなる大きな理由は、

■ 資金繰り表の経常収支がマイナスのなっているから

ですね。



銀行が、運転資金の融資をするのも、返済猶予(リスケ)を協力するのも、

■ 資金繰り表の財務収支の改善のお手伝い

なのです。

したがって、資金繰り表での経常収支がプラスにする方法がなければ、根本的な資金繰り改善には繋がりません。

⇒ 銀行が融資審査で見る、資金繰り表のポイントは、こちら

事業再生では資金繰り表の経常収支をプラスにする方法が重要ですよ。


【資金繰り改善や事業再生のお悩みなら、こちらから、ご相談ください】


⇒ 銀行融資取引対策コンサルタントのFacebookページに「いいね!」

>> 倒産寸前から復活「事業再生マニュアル」

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
株式会社FPコンサルタント 代表取締役

豊富な融資審査経験を有する資金繰りコンサルタントです!

元銀行融資審査役職者の資金繰り改善・銀行取引対策コンサルタント。起業段階から上場企業まで、豊富な融資審査経験あり。返済猶予(リスケ)による事業再生、債権回収業務も担当。中小企業の資金繰り支援で、より実践的なコンサルティングをしています。

03-3226-7272
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「融資について全般」のコラム