ガチャ切り。 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

井上 敦雄
アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタント
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2017年07月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

アッツワークスの井上です。
今日の東京は、気持ちよく晴れていますね。
犬と散歩すると、いつもよりも、足が真っ黒になってしまいます。
いろいろと降り注いでいる、ということですね。

さて、今日のテーマは、ガチャ切り。
電話のガチャ切りです。


最近は、相当減りましたが、それでも、時々、電話がかかってきます。
セールスの電話。

あれって、むかつくことに、こちらが断ると、向うから先に切ってきますよね。
昔の固定電話でも、切られる時の音って大きかったですが、携帯の「切断」ボタンを押された時の音も、結構します。

ずーっと腹が立っていたのですが、あることに気付いて、考えが変わりました。

それが、これ。
電話セールスでのコンバージョン率。

ものによって、コンバージョン率は違うかと思うのですが、仮に、コンバージョン率が1%だとしても、100件電話して、1件、成約です。

残りの99件は、断られている、ということですよね。
断られ方も、たぶん、様々です。

・話を聞いてくれた後、やっぱりいいです、と断られる。
・セールスはいりません、と切られる。
・無言で切られる。

という感じに分類できるかと思います。

毎日、一日中、がちゃがちゃとガチャ切りされていたら、それって、人間性まで否定されたみたいになって、だんだんメンタルにボディブローのように効いてくるそうなんです。

で、その影響で、だんだん、受話器を取る手が重くなり、会社に行く足がもっと重くなり。。。

なので、お客様に切られる前に、先に切っちゃうんですね。
もちろん、中には、わざと先に切る人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は、潜在意識で先に切っています。断られる前に断る。切られる前に切る。

それに気付いてから、というか知ってから、思いやりを持てるようになりました。

不動産、株、塾、お墓。。。いろいろあります。

また、書きます。

 |  コラム一覧 |