自宅と仕事以外、三点目となる足場が出来ました! - コラム - 専門家プロファイル

池本 真人
Div Design Webサイトの一級建築士
東京都
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自宅と仕事以外、三点目となる足場が出来ました!

- good

徒然日記
「終わりの無い学びを、とても素晴らしい方達と一緒に学んでいけることが有り難い。」

と、そんなお話しをして下さった方がおります。

松井式気功美容インストラクターの認定が近づいてきた"たきぞうさん"です。



たきぞうさんは、いつも奥様の施術をされているということもあってか、かなり上達されてきています。

仕事として施術を学んでいるわけではありませんが、仕事と家族以外の視点から物事を見られるようになったことが松井式を学んで良かったことの一つだそうです。

そのたきぞうさんから松井式を受講された感想を頂きましたので、以下に掲載させて頂きました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆松井式気功美容マスター 瀧澤則夫さん(受講開始日2012年12月1日)

・松井式を知ったきっかけと参加する動機
ツイッターで見方革命家マークにフォローされてしまったんです。
その上、よせばいいのにブログまで見ちゃいました!(笑)
で、なんとなくデモ講座に。

・デモ講座を体験した際の正直な感想
始めは合掌したり、サークルやったり・・。
“何してんだおれ”の状態でした。
その後マークさんに小顔の施術をしていただきました(小顔かぁ・・?)
しかし肩周りや首、頭と施術がすすむにつれて何だかどうでも良くなって・・。
施術が終わったときにはデモ講座に来て良かった!と思っていました。
警戒心が消え(警戒してたんだ・・)終わったときにはまたこの講座に参加したいなと・・。

・講座受講を決意した決め手
決め手みたいなのは無かったです。
小顔の施術ってあまり必要ない気がしていたし、
 (今ではマスターコースの6回に松井式のエッセンスが詰まってるってわかるけど)
講座の雰囲気とか、場の空気みたいな。またここに来たいなと・・。
それでマスターコース6回とりあえずやってみようと思ったのかな。 

・講座を受講している間に感じたこと
最初は技術的な事を早く習得しようと思っていました、でも何回か行くうちテクニックだけをあわてて覚えてもダメなんだな・・と。
それでペースダウンして仏教の勉強会にも参加させてもらいながら技術と心の勉強の両輪が大切で、片方だけ一生懸命まわしても前に進めないって少しだけわかって来たのかな?

・講座を受講して変わったこと
僕は物事を兎に角、早く処理しなければ気が済まない性格でいつも焦っているんです。
その事に普段あまり気がつかないで日々すごしているのですが、そういう自分の状態に気がつく機会が増えたと思います。
“なに焦ってるの”・・と、でもまあ性格なのでそのこと自体は変わったりはしないのですが気がついたら→スローダウンして→やらなくていい事はやめちゃうとか・・。
でもそれは客観的な判断ってわけではなくて、何だか上手く言えない内側からの感覚なんです。
まあ、以前よりええ加減なっただけかもしれません(笑)

・松井式の施術を始めてみて感じたこと
仕事と家族(子供がいないので自分と嫁だけ)、意外の別の視点が持てたこと。
仕事も家も自分では上手くやっているつもりでいても何かあるとすぐ煮詰るじゃないですか(僕だけ・・?)
そんなときにもう一カ所足がかりがあると安定するし状況が見えやすい、そのもう一つの足がかりが今は松井式。
山で岩場を登るとき三点支持が基本なんだけどなんかそんな感じです。
まだお金を戴いて施術をしているわけではないし具体的なものは何もないのですが何かのかたちで松井式で学んだ事を、実践いていきたいと思っています。

・松井式に触れて一番良かったこと
松井式に触れて一番良かったことはたくさんの素晴らしい人たちと知り合えて終わりのない学びを一緒に学んで行けることですね。
これからも宜しくお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


たきぞうさんは、いつもニコニコと穏やかで、人のために当たり前のように動ける男性なのです。

しかも、マルチな才能の持ち主!

本人は器用貧乏と言っておりますが、私はそんなたきぞうさんの生き方も大好きなのですよね♪



松井式の会場が三軒茶屋に移った際も、Jさんと一緒に家具や神棚を作ってくれたり、看板を設置してくれたりして頂いて、本当に感謝しております。

 

 

 

今、ピノクラブサロンが運営していけるのも、松井式講座が開催出来るのも、たきぞうさんのような方々のご協力のおかげなのです。

たきぞうさん、いつも本当にありがとうございます。

若輩者の私達なので、今後とも人生経験豊富な立場からご指導ご鞭撻頂けたら有り難いです。

今後ともよろしくお願い致します!m(_ _)mペコリ