知識と実践 - 各種のビジネススキル研修 - 専門家プロファイル

下枝 三知与
NPO法人健康福祉実践協会(理事)CST コミュニケーションサポートチーム(代表) 
ビジネススキル講師/カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
明石 久美
明石 久美
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年04月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

共感問診力アップメディカルコーチの下枝三知与です。



皆さん、このブログへのご訪問に感謝いたします。


このところ毎日のように新しく読者登録していただき、とても嬉しいです!(^^)!


本当にありがとうございます。


これからも皆さんの心に届くメッセージを心がけますので、よろしくお願いいたします。



昨日はNPO法人理事の方お二人とJ大学心理学教授との4名で新年会(遅い!)でした。


そこで出たお話を少しだけ。


NPO法人理事のお二人は(私も理事ですが)これまで数多くの実績をあげられてきた方々で、だからこそ現場の経験も豊富。


大学教授のH氏は学生との関わりが多く、現代の若者の特徴をよくつかんでいらっしゃいます。


その両方のお話を聴きながら感じたことです。



その人がもつ「知識や資格」は「現場で生かす」ことで初めて良い結果につながり、その人の「実績」になるということ。



ですから、現場で行動しないと自分の「実績」にならないし、スキルアップにもならないということです。


当たり前のようで、意外にこのことに気づいていない人も多いのでは?



働く目的は「お金」のためだけではなく、ほかにもありますね。



生きることは働き続けることでもあります。



プロ意識をもって働くことは、持てる知識やスキルを「活かす」ことなのですね。