第976号:情報システム開発の在り方 - コラム - 専門家プロファイル

小笠原 宏之
IT・インターネット戦略のオガコムジャパン 代表取締役
千葉県
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

第976号:情報システム開発の在り方

- good

ビジネスの小技

2014/01/08

第976号:情報システム開発の在り方

情報システムの開発規模が大きくなるにつれ、
開発は様々な専門家で分業をしなければ完成
させることが出来なくなりました。
その為、開発を始める前にプロジェクト結成、
基本設計、詳細設計云々と実際のプログラム本体を
制作する前の準備工程に時間を割く必要が生まれ
ました。将来のトラブルへの対策、第三者の利用
などに十分に耐えうる準備は当然必要ですが、
その為にシステム開発時間と費用は大きくなる
一方で利用者が簡単に開発できる環境ではなくなり
ました。

巨大な情報システムには十分な開発手順が必要
なのは当然ですが、小さな情報システムにその
手順を当て嵌める必要はないのです。
情報システム担当は、自らのリスクヘッジを
しなければなりませんが、行き過ぎた準備作業は
本来実現しなければならないニーズの完成を
遅らせます。このバランス感覚が情報システム開発
には必要です。

【1月8日に生まれた人】

1935年の今日、エルヴィス・プレスリーが生まれました。
ロックンロールを世に広めた偉大なアーティストです。

彼の存在により若者の文化が一気に花開き、後に続く
ビートルズやローリングストーンズなど誰でも知っている
ロックバンドに影響を与えます。

今日はプレスリーの歌を思い出して、華やかな時代の
若者の気分になりましょう。

※暦の情報はWikipediaを参照しています。