「家事を楽にするリフォーム」について取材を受けました。 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

吉田 武志
有限会社 ヨシダクラフト 代表取締役社長
栃木県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

奥山 裕生
(建築家)
安藤 美樹
(建築家)

閲覧数順 2017年11月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「家事を楽にするリフォーム」について取材を受けました。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅



リフォーム産業新聞社様から「家事を楽にするリフォーム」について取材を受けました。


取材掲載はこちら


「リフォームセールスマガジン2014年1月号」に主婦が満足する家事ラクプランとして
見開き2ページで当社事例が掲載されています。


当社ホームページの家事を楽にできる家のページ施工例を見て頂いての取材依頼のようです。


施工例を元に家事動線を工夫した間取りと、適材適所の収納についてお話ししました。


家事を楽にするリフォームについて、一番大切だと思うことは、
「実際に家事を担っている施主の話をよく聞くこと」
使いやすさは人それぞれ違うから、家事をする人の話を聞いて整理する必要がある。


取材を受けて話をしているうちに、
当社では、家事動線をコンパクトにまとめている他に、
リビング付近にパントリーを含んだ収納が多いこと、
また階段下を収納やPCデスクにしていることが多いことに気付く。
室内物干しの設置も多めだと思います。


考えてみればそれも施主との対話の結果であり、小さな家が多い為の苦肉の策でもある。


掲載されている他の設計者5人は、私以外全員女性設計者。かつベテランの方が殆ど。
他の方の記事内容もとても現実的でオーソドックスで共感できる。


「年代別の家事楽リフォーム紹介」「急な来客時に隠せる収納」
「配膳準備がスピードアップするキッチン収納」等の記事がありました。


女性設計者の主婦としての経験や生活から導き出された手法が掲載されている。
施主と対話し、最善と思われる所に着地させようとしていることが伺い知れる内容。


プロ向けの冊子なので、素人が喜びそうなリフォームの匠的、
アクロバティックな家具や収納、動線事例は皆無。

知っている手法が殆どですが、それが現実的かつ長く生活する上で最善の選択なのだと思います。

多くの造り手が行っている方法は、コスト面からもベストバランスなのかもしれません。



リフォーム 工務店 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト
注文住宅 工務店 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト


 |  コラム一覧 |