坂井 利行(探偵)- コラム「浮気調査に「絶対」「必ず」「裁判に勝てる」と言える補償なんてない!?」 - 専門家プロファイル

坂井 利行
探偵・調査業務の経験から各種解決策をご提案させて頂きます。

坂井 利行

サカイ トシユキ
( 神奈川県 / 探偵 )
プライベート・シャドー 代表
Q&A回答への評価:
4.5/12件
サービス:0件
Q&A:19件
コラム:83件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
0466-83-1011
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
探偵・調査に関するお問合せは直接、事業所の方へお願い致します。(※外部サイトへのリンクです)
調査のご相談

浮気調査に「絶対」「必ず」「裁判に勝てる」と言える補償なんてない!?

- good

浮気(不倫)問題 2021-04-29 14:01

浮気調査の宣伝広告や相談の際に表題の語句が使用されることが多くあり、これらを力強い言葉と誤解している方が多い様ですが、予知能力でもない限り未来のことは誰にもわかりません。



語句をそれぞれ解説すると

・「絶対」「必ず」浮気の証拠を撮る!など断定的な営業トークに根拠はない。

浮気調査には全て相手がいます。必ず調査の日に浮気するとは限りません。食事だけかも知れないし、予定変更して逢わないかもしれない...もしくは浮気していないかもしれない。
お客様がお金に糸目を付けず証拠が撮れるまで何回でもお願いという内容であれば、浮気している人であれば、いつかは撮れる日も来ると思います。

・裁判に勝てる調査?無知な営業トークとしか言いようがない。

裁判や調停では、証拠写真のみで争われるのではなく、経緯や背景など様々な要素から判断されます。
勝てるか負けるかは、探偵でも弁護士でも断言は不可。裁判所が判断することです。何故、勝てると言い切れるのか?根拠がわからない...


言った言わないの水掛け論に発展するので、お勧めはしないが厳密には、これらの断定的な語句を信じて高額な契約を結んでしまった場合には、消費者契約法第四条の断定的判断の提供として契約を白紙に出来る!
この様に法律で取り締まらなければいけないほど、断定的な営業トークを信じ、騙される人が多いいという事でもある。本当に現場経験の豊富な探偵社は、「絶対」がないことを良く知っているので使用はしない。

(参考)浮気調査のQ&A


【LINE公式アカウントのご案内】

チョットしたご相談は、LINEでお気軽に!(トーク相談もちろん無料)
※気軽な相談先として是非追加して下さい。

【アカウント名】PRIVATE-SHADOW
【LINE ID】@private-shadow
【追加URL】http://nav.cx/5JRnd8u

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真