西島 正樹(建築家)- コラム「マスメディア・コラム」 - 専門家プロファイル

西島 正樹
一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

西島 正樹

ニシジマ マサキ
( 東京都 / 建築家 )
西島正樹/プライム一級建築士事務所 建築家
サービス:0件
Q&A:1件
コラム:184件
写真:33件
お気軽にお問い合わせください
03-3354-8204
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

マスメディア・コラム のコラム一覧

39件中 1~10件目RSSRSS

TV【突撃!となりのスゴイ家!】で紹介されます

TV【突撃!となりのスゴイ家!】で紹介されます ■BSテレビ東京 6/18(金) 21:00〜21:54 【まついハウス】の登場は番組の後半です(9:20以降) 【まついハウス】は、「平和と子どもたちの幸せ」を願い人生を歩んだ絵本作家・まついのりことその家族の思いを受けて建てられた、平和と文化の活動のための建築です。 絵本・紙芝居の展示、壁画家のステンドグラス、パントマイミストの小さな公演の場をもち、住まいでもあります。 光を...(続きを読む)

2021/06/11 18:27

展覧会が再開となります

展覧会が再開となります 『OZONEが考えるNew Normalな暮らし 展』の展示が再開となります。【まついハウス】が展示されています。住宅であるとともに、絵本・紙芝居の展示、壁画家のステンドグラス、パントマイミストの小さな公演の場をもつ建築です。仕事における集中と生活におけるくつろぎという対照的な心の動きを一つの建築の中でつつがなく循環する空間展開をめざしました。場所 リビングデザインセンターOZONE 6F 特設会...(続きを読む)

2021/03/18 21:16

【温かな照明に包まれるモダンな家】として掲載されました

【温かな照明に包まれるモダンな家】として掲載されました homifyのマガジン欄で【つなぎ梁の家】が紹介されました。https://www.homify.jp/ideabooks/6068083/「温かな照明に包まれるモダンな家」と題された特集です。【つなぎ梁の家】については、『西島正樹/プライム一級建築士事務所が手がけた手がけたこちらの「つなぎ梁の家」は、リビングに豊かな視界を広げてくれる温かな照明が印象的です。普段なら気が付かないような箇所を生かし...(続きを読む)

2019/11/25 18:52

【小さな空間を素敵なカラーで仕上げる10のアイデア!】 に掲載されました

【小さな空間を素敵なカラーで仕上げる10のアイデア!】 に掲載されました homifyのマガジン欄に【2つ棟の家】の「音楽室」が、掲載されました。「小さな空間を素敵なカラーで仕上げる10のアイデア」がテーマの特集です。 【2つ棟の家】の音楽室については【趣味の演奏を楽しめる音楽室】と題して『西島正樹/プライムの手がけたこちらの家は、2つの棟からなる住宅です。一部コンクリートの打ちっぱなし仕上げがモダンな印象を与えます。コンクリートの色にネイビーやオレンジを加えることで、...(続きを読む)

2019/11/20 17:13

【インスピレーションを与える12のベッドルーム】

【インスピレーションを与える12のベッドルーム】 homifyのマガジン欄 【インスピレーションを与える12のベッドルーム】に 【海の見える丘の家】が掲載されました。 https://www.homify.jp/ideabooks/4794163/ 「インスピレーションを与える12のベッドルーム」がテーマの特集で 【海の見える吹き抜けがある家】 『西島正樹/プライムの手がけたこちらの家は、遠方に海を望む丘に建つ住まいです...(続きを読む)

2019/11/15 16:14

セキュリティデザインを楽しむ-11(終)   ■美しいデザインと防犯

セキュリティデザインを楽しむ-11(終)   ■美しいデザインと防犯 ■美しいデザインと防犯 個性的であることがそれだけで抑止力を持ち、防犯上の工夫がデザインの向上につながることは、建築家とのいえづくりに、希望と自信を与えてくれるのではないでしょうか。また、防犯から発想されたわけではないが、結果として高いセキュリティを持つデザインも存在します。 たとえば、20世紀を代表する住宅建築であるコルビュジェのサボア邸の場合です。この住宅は、2階が柱で中に浮くように建っ...(続きを読む)

2019/11/05 16:45

セキュリティデザインを楽しむ-10   ■油断大敵

セキュリティデザインを楽しむ-10   ■油断大敵 ■油断大敵 設計段階で建主として理解しなければならないことは、技術や建物の工夫には限界があることです。実は窃盗犯罪の30%は無施錠の窓から侵入しているのであり、住み手のちょっとした油断を犯人は見逃しません。また、設備技術の向上に比例して人間の油断も高まります。例えばマンションではオートロックがある場合ほど、また高い階ほど、窓に鍵をかけない人が多く、それを専門に狙う窃盗犯もいます。また、防犯はそ...(続きを読む)

2019/10/31 13:13

セキュリティデザインを楽しむ-9   ■情報戦を制する

セキュリティデザインを楽しむ-9   ■情報戦を制する ■情報戦を制する 住宅窃盗犯への対策として大切なのが、町の視線の存在を感じさせることで、窃盗犯が自分の存在=情報があらわになっているような気にさせることです。同時に重要なのが、住み手の情報を犯人に与えないことです。いわば情報戦を制するものが勝つということです。 犯人は不在確認のため、インターホンを鳴らす、郵便物から電話番号を調べ電話をかける、電気メーターを見る等、様々な方法をとります。その対...(続きを読む)

2019/10/28 16:24

セキュリティデザインを楽しむ-8   ■【ケアゾーン】と【ケアフリーゾーン】

セキュリティデザインを楽しむ-8   ■【ケアゾーン】と【ケアフリーゾーン】 ■【ケアゾーン】と【ケアフリーゾーン】 住宅窃盗犯は、自分独自の盗みの方法を確立した専門気質の人が多く、先のことまで予想がつく予定調和の犯行を好みます。いいかえると変わった家は狙わない傾向があります。その意味で「建築家の家はそもそも防犯上すぐれた性能を有している」と言うことができるでしょう。もっともごくわずかですが、世の中には、建築家設計の家を専門に狙う変わり種が存在するのも事実です。(知り合い...(続きを読む)

2019/10/25 16:39

セキュリティデザインを楽しむ-7  ■抑止の方法

セキュリティデザインを楽しむ-7  ■抑止の方法 ■抑止の方法 住宅窃盗犯に有効な抑止の方法について考えてみましょう。住宅窃盗犯は捕まることを何よりも恐れているので「町の目・人の目」による監視力が期待できます。人目を引く住宅は、それだけでねらわれにくいのです。また、敵の計画性やルーティーンワークを好む習性は「普通でない・変わっている」住宅を嫌います。いつもの犯罪パターンが当てはまらないからです。さらに建築部位・ディテールが「変わっている」だけ...(続きを読む)

2019/10/23 19:04

39件中 1~10件目

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真