ガーデナー建築家/勝田無一(建築家)- コラム「シリーズ「住宅と庭」の話 (第1部)(その8)」 - 専門家プロファイル

ガーデナー建築家/勝田無一
ガーデナー建築家の楽しい家

ガーデナー建築家/勝田無一

ガーデナーケンチクカカツタムイチ
( 東京都 / 建築家 )
(有)創設計 主宰
Q&A回答への評価:
4.6/10件
サービス:1件
Q&A:11件
コラム:13件
写真:9件
お気軽にお問い合わせください
03-3408-8419
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

シリーズ「住宅と庭」の話 (第1部)(その8)

- good

シリーズ「住宅と庭」の話 (第1部) 2010-11-02 19:00

【狭小の外の部屋?・・大自然を取り込む最小庭園・・坪庭】

 

前回、その7 話では、「竜安寺/石庭」の「外の部屋」とも思える素晴らしい浸透感のある庭をご紹介しました。


写真は大徳寺の境内にある「大仙院」という禅寺の本堂です。大徳寺といえば広大な境内です。
決して敷地の余裕が無いから小さな庭を造ったと云う訳ではありません。


ところが大仙院の本堂の広さに似つかわしくない小さな枯山水の坪庭があります・・・


鍵型に六畳二間分くらいでしょうか。塀を巡らした小庭に山水画を立体化した感があります。
この庭もまさに「外の部屋」の趣です。


達観ですね・・・深山の湧水が渓谷を通り、大海に注ぐまでの深山幽谷の大自然を六畳分の庭に閉じこめてしまうんですから。


・・・この大自然を前にした「縁側」に座し、心を開き自身を問う、禅の世界への厳粛な気持ちに誘われます。


建立当時としては素晴らしく斬新な発想であったと思います。日本建築の構造として「内部」と「外部」の浸透性があるために
このような発想があったのだとも思います。


やがて書院建築から近代の住宅建築へと「外の部屋」を造るがごとく「内」「外」を浸透する見るための庭として
「住宅と庭」の関係は近代建築へ引き継がれてきたのです。


そして何時もそこには「塀」という「外の部屋」を囲う為のパーツが不可欠な存在であったわけです。


特殊な設定として「借景」という手法も生まれました。遠望する景色を目の止まりとして、塀のない囲いとしての表現です。


何れも「内」「外」を浸透するその先の空間の閉塞感を演出しています。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真