辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー)- コラム「つみたてNISAが1月スタート」 - 専門家プロファイル

辻畑 憲男
住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

辻畑 憲男

ツジハタ ノリオ
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPソリューション 
Q&A回答への評価:
4.2/1,014件
サービス:7件
Q&A:2,535件
コラム:278件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

つみたてNISAが1月スタート

- good

2017-11-26 17:08

 預金の金利が0%に近い状況ですね。お金が増えないと嘆いている方が多いのではないでしょうか。「72の法則」というのはご存知ですか。預けたお金が複利で運用した場合に何年で倍になるかという法則です。「72÷金利=預けたお金が倍になる年数」。例えば今の金利0.001%だと100万円預けて200万円になるには「72÷0.001%=720万年」かかります。気の遠くなる金利ですね。金利6%だと12年で倍になるのです。皆さんはお金をどのように貯めているのでしょうか。普通預金、定期預金、学資保険などの円建ての商品ですか。今のような低金利の時に長期で金利を固定する商品はインフレリスク(※1)があります。物価上昇に対応できる株式や投資信託、外貨建て商品などを検討され少しずつ分散してリスクヘッジをしたほうがいいでしょう。そんな中、2018年1月につみたてNISAがスタートします。毎月定額から積み立てられる非課税商品です。投資初心者や投資を行う時間がない方にとって始めやすい商品ではないでしょうか。ただ、始めやすいといっても元本は保証していませんので始めるのであれば経済情勢には敏感になっておいたほうがいいです。特に投資先の今後の情勢については常にチェックしておきましょう。状況によっては途中で売却の検討もしないとならない時もあります。つみたてNISAの投資先は金融庁に届出のあった投資信託が対象になります。長期投資にむかない商品(信託期間が短いもの、毎月分配が支払われるもの)や値動きの大きい複雑な商品(複雑な商品設計がされているもの、手数料の高いもの)は除外されています。 年間投資上限は40万円、非課税保有期間は20年(2037年まで)です。途中引出しの制限はありません。

(※1)インフレリスクとは物価上昇による貨幣価値の下落リスクです。同じ金額で帰るものが少なくなるリスクです。

NISA比較>

 

つみたてNISA

NISA

ジュニアNISA

対象者

日本在住

20歳以上

日本在住0歳~19歳

年間投資上限額

40万円

120万円

80万円

非課税期間

最長 20年

最長

5年

対象商品

一定投資信託

投資信託、株式、

ETF、REITなど

払出制限

18歳まで引出不可

※NISAとつみたてNISAの併用はできません。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム