飲食店の許可申請について(3) - 企業の契約書・文章作成 - 専門家プロファイル

大江ありす行政書士事務所 
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

飲食店の許可申請について(3)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業の契約書・文章作成
飲食店・風俗営業許可申請
5)立会い調査
調査の日時に、保健所の人がお店に来て調査をします。
調査は、調理場の工事が完成していれば、客席の工事は完了していなくても
受けることができます。
このときに、2)の条件がクリアできているかどうかを調査します。
基準に達していれば許可になります。
新築や改装をする場合は内装業者さんが許可基準にそって工事をしてくれるので
大丈夫だと思います。気をつけなければならないのは、居抜きで借りた場合です。
前も許可をもっていたからそのままで大丈夫、というのはあてになりません。
前の店舗が独自に改装している場合もあるからです。
基準に達していない場合は不許可になり、保健所に指示に従います。
でも、保健所の人はとってもやさしい人が多いので、お願いしてみる価値はありますヨ。
許可をもらえば、営業開始できます。

6)許可証の受取り
調査から約1週間後に、営業許可証を保健所に受け取りに行きます。印鑑が必要ですので忘れずに。
許可証は店内に掲示しておく必要があります。
また、食品衛生管理者の講習を受けていない場合は、早めに
受講する必要があります。

以上が簡単な流れです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(行政書士)
大江ありす行政書士事務所 

女性行政書士が、あなた目線で起業をサポートします

開業や許可に関する悩み、不安を解決します。法律、許認可、経営について幅広い知識を持つ行政書士の強みを生かし、お客様にとってベストなプランを作成し、実行するよう心がけています。まずはお気軽にご相談ください。女性行政書士がご相談に応じます。

カテゴリ 「飲食店・風俗営業許可申請」のコラム

風俗営業の許可とは(2006/12/06 23:12)