飲食店の許可申請について(2) - 企業の契約書・文章作成 - 専門家プロファイル

大江ありす行政書士事務所 
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

尾上 雅典
(行政書士)
小竹 広光
(行政書士)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

飲食店の許可申請について(2)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業の契約書・文章作成
飲食店・風俗営業許可申請
許可申請の手順

1)管轄の保健所チェック
許可の条件などは各保健所によって若干異なるため、
お店の図面を持って、営業所を管轄する保健所に、
一度相談に行くとよいでしょう。

2)許可の条件をクリア
前ページを参考にお店が許可の基準をクリアするよう
設備をそろえます。

3)必要書類の準備
飲食店許可申請に必要な書類は以下のとおりです。
なお、この情報は東京都23区の保健所を基準にしており、地域により若干異なりますので、事前に保健所に必ず確認してください。
●申請者が法人の場合は会社の登記簿謄本(現在事項全部証明書)のコピー
●お店の図面。調理場の部分は詳細に記載すること。
●お店付近の案内図。最寄り駅からお店までの地図。
 住宅地図をコピーしてもよい。
●申請書2通。保健所でもらえる書式に記入。
●水質検査票。水道が直結でない場合は必要。
 通常大家さんからコピーがもらえるはず。
●食品衛生管理者の手帳、または調理師免許など
 資格の証明書。資格がまだなくても、講習を受ける
 ことを約束すれば許可の申請及び取得は可能です。
●手数料16,000円

4)申請手続き
書類がそろったら、保健所に行き、飲食店の許可申請をします。
書類のチェックを受け、OKなら手数料を納入し、調査の日時を
決めます。工事完成の1週間くらい前、または開店予定の10日くらい前に
申請するとスムーズにいきます。

(つづく)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(行政書士)
大江ありす行政書士事務所 

女性行政書士が、あなた目線で起業をサポートします

開業や許可に関する悩み、不安を解決します。法律、許認可、経営について幅広い知識を持つ行政書士の強みを生かし、お客様にとってベストなプランを作成し、実行するよう心がけています。まずはお気軽にご相談ください。女性行政書士がご相談に応じます。

カテゴリ 「飲食店・風俗営業許可申請」のコラム

風俗営業の許可とは(2006/12/06 23:12)