離婚の季節 - 家事事件 - 専門家プロファイル

榎本 純子
神奈川県
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
東郷 弘純
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

離婚の季節

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 家事事件
夫婦関係改善のために
こんにちは、行政書士の榎本です。

離婚業務を取り扱い始めて、もうすぐ3年になります。
もちろん自営業なので、月によって売り上げの増減があり、その傾向が見えてきました。
たまたま多い月と少ない月がある、というわけではなく、時期によって離婚を考える人が確実に多い、ということが言えるのではないかと思います。

この理由、自分なりにはいろいろ分析していたのですが・・・。
例えば、8月は子どもが夏休みで忙しいので相談に行けない、とかですね。

ですが、最近精神科医の方とお話する機会がありました。

その方いわく、厳しい季節から緩やかな季節にかけては、統計学上も、人は確実に不安定になるらしいです。
冬→春、夏→秋、ですね。

そう言われると、売り上げの増減を見てもこれがあてはまるのです。

そういう時期に、普段は我慢していた、できていたことができなくなって、離婚!と考えるのかもしれません。

不安定なのは、自分だけではなく、配偶者も同じこと。
もし、この時期に夫婦の仲がおかしくなってきているようならば、それは季節が関係しているのかもしれません。
その可能性があるのならば、早急に離婚に踏み切るのではなく、少し様子を見てみてもいいかもしれませんね。