問題解決のための言動と行動 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

問題解決のための言動と行動

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
プロジェクト管理
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はプロジェクトでの問題解決についてのお話です。

プロジェクトを進めていく中で、プロジェクトメンバー以外の協力を仰ぐことがあります。

協力してもらう期間、難易度、負荷など内容は千差万別ですので、それぞれ最適な方法で協力を依頼する必要があります。

プロジェクトプランの段階で、協力内容を明確にする、ある程度余裕をもったスケジュールで依頼する、上位マネジメントを含めた関係者に事前に了承を得ておくなどの準備活動はしっかりやっておくべきです。

依頼された側としても、日々の業務の忙しさからついつい優先順位を落としてしまいがちです。進捗遅れなどの問題発生を事前に防ぐ意味からも、プロジェクトメンバー以上に進捗状況には目を光らせておくべきでしょう。

多くのプロジェクト関係者とコミュニケーションをとり、自ら積極的に問題解決に乗り出す、あるいは問題解決の指示を出す。

プロジェクトリーダー自身が待ちの姿勢では、問題解決の機運は高まりません。

プロジェクトリーダーが、自身の考えに基づいた問題解決のための言動を発し、行動を見せることの影響は大きいものです。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「プロジェクト管理」のコラム

価値を生み出さない時間(2016/11/29 09:11)

成功は成功のもと(2015/02/16 10:02)

プロセス管理を守ること(2014/11/26 06:11)

時間感覚は重要(2014/10/29 11:10)