風水の見方について(7) - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

東京都
インテリアコーディネーター
03-5311-7057
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

風水の見方について(7)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
風水の見方について

照明について



地球の夜を宇宙衛星などから見ると、日本は形がはっきり解るほど照明が
あかあかとついています。他の国は大都市だけに集中していますが、
日本は全国的に夜の明かりがついていて凄いなぁと感じます。

さて、光や照明についてですが、人間性そのものと対応し、
愛を端的に表現しています。蛍光灯は人間味を奪い、
白熱灯は愛やぬくもりをもたらします。
蛍光灯の電磁波は白熱灯よりもかなり強く、人体細胞を緩めてしまい、
思考能力そのものを奪ってしまいます。光と影のコントラストは右脳の発達を助け、
人間性や精神性、意識をも高めます。目から入ってくるものは何であれ、脳に悪影響を及ぼします。

場所別の照明の選び方



 玄関: 暗い玄関は良くありません。天井照明だけでなく、ブラケットや
スタンドを活用し、明るくして良い《氣》を家に呼び込みます。
 廊下: 暗い廊下はいけません。自然光が入らない場所は照明で補います。
 リビング: 家族団欒の場です。全体間接照明で暖かな雰囲気に
演出しましょう。
 キッチン: 手元が陰にならないように、全体照明と手元の照明が大切です。
 ダイニング: 食事は体の基本です。
食事の美味しく見えるペンダントにします。
 寝室: おやすみ前は明るい場所は向きません。スタンドや間接照明で
   暗めにします。
 子供部屋、書斎勉強や仕事をする部屋は青白い光が良いです。
 トイレ: 明るすぎず、適度な明るさにします。全体を照らすタイプが良いです。
 浴室: バスタイムは一日の疲れを取る場所です。
ブラケットや暖かい照明の計画をしましょう


次回は土地の選び方についてです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / インテリアコーディネーター)

五感に響くインテリアデザイン。風水で楽しいライフスタイルを

氣の流れは大切です。風水を科学的にとらえ、五感に響く豊かな環境作りのお手伝いをします。風水を取り入れ環境ストレスを解消し、住まう人の願いを叶える家や職場にします。“心地よい住まいづくり”をしましょう。

03-5311-7057
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「風水の見方について」のコラム

風水の見方について(10)(2008/10/15 12:10)

風水の見方について(9)(2008/06/05 19:06)

風水の見方について(8)(2008/05/13 23:05)

風水の見方について(6)(2008/02/06 17:02)

風水の見方について(5)(2007/12/04 07:12)