こども保険 - 各種の損害保険・その他の保険 - 専門家プロファイル

松山 陽子
株式会社 生活設計FPワーク 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:損害保険・その他の保険

森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
久保 逸郎
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

こども保険についての相談を受けました。

2年前、こどもが1歳の時に入ったこども保険。18歳になれば満期保険金が約180万円。それ以外に12歳と15歳になったときに、それぞれ18万円が支給され、合計216万円です。

一方で保険料の総額は約260万円。

もちろん、万一保護者が死亡したら以後の保険が免除となるものの、親の年齢も若く、亡くなる確率も高くありません。

親が亡くならないなら、普通に預金している方がいいということになります。

なぜこの保険に入ったかと尋ねると、「こどもが生まれたらこども保険」という思い込みや周囲の勧めがあったからとのことですが、このようにかなり不利な内容になっています。

親に万一のことがあった場合の学資の確保は、他の保険でもできます。思い込みで入らず、本当に有利な保険を見極めてくださいね。

このコラムに類似したコラム

兵庫県自転車保険の加入義務化(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/30 10:00)

自転車保険の加入を義務化する条例 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2016/06/23 17:08)

個人宅・店舗・事務所の地震に備える 井浪 啓之 - 保険アドバイザー(2014/06/26 14:26)

自転車保険 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2014/03/04 09:29)

東京海上の自動車保険10万件不払い、しかも隠ぺい?! 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2014/02/07 09:09)