北側一面接道敷地における採光について - 狭小住宅 - 専門家プロファイル

菊池 克弘
都市環境建設株式会社 代表取締役
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

北側一面接道敷地における採光について

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 狭小住宅
狭小地住宅 採光・通風・プライバシー

  敷地が北側道路にしか接道していない場合、その家の採光につき、不安を持たれる方が多いので、一般的な対処方法につき解説いたします。

 1 2階建ての場合

 東側、南側、西側のいずれかで隣地との空きが2.5m以上あれば、採光のことは心配しなくても大丈夫です。それ以外の場合においては、1階と2階で吹抜けとトップライト(天窓)で対処すれば、ほぼ、2階建ての場合、採光上の問題は発生いたしません。

 

2 3階建ての場合

 東側、南側、西側のいずれかで隣地との空きが3.5m以上あれば、採光のことは心配しなくても大丈夫です。それ以外の場合においては、1階に、バス、収納等の採光がなくても問題にならない室を配置し、2階と3階において、吹抜けとトップライト(天窓)で対処する、という方法が一般的です。

このコラムに類似したコラム

1階の採光確保のために設計した強化ガラス張りの床 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/09/02 21:43)

ホテルの様な 松永 隆文 - 建築家(2014/09/05 10:18)

ガルバリウム鋼板平葺 松永 隆文 - 建築家(2013/12/12 10:24)

敷地23坪・専用住宅計画案 岩間 隆司 - 建築家(2013/08/23 14:43)

扇形敷地での集合住宅計画 岩間 隆司 - 建築家(2013/07/16 11:33)