再生の目指すところ - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

澤田経営研究所 代表
群馬県
経営コンサルタント
027-322-7492
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

再生の目指すところ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
企業再建・再生 再生の目指すところ
1.自力経営とは
「自力経営」、わかりやすそうではあるが、本当の意味を理解している経営者はどのくらいいるだろうか。
 「自力経営」、それは、経営コンサルティング支援を必要としない企業体質に変革すること。当たり前のようなことであるが、経営コンサルティング支援を必要としない企業体質とは、どのような企業体質をいうのだろうか…。
 企業が存続している本質は、その企業が提供する商品やサービス(価値)を社会や市場で認められるということである。社会や市場で認められるには、社会や市場のニーズにマッチした商品やサービス(価値)を提供する「事業力」と、その事業を継続的に運営して利益に結びつける「組織力」とキャッシュ=「財務力」が不可欠である。
 これらを再構築し「勝ち組」へと変革する。そして二度と倒産の危機に瀕することのないような経営ができるように成長することが「自力経営」の目的である。
 「自力経営」に至るまでの過程には大変な苦労と困難が待ち受けている。企業を甦らせることはそう簡単なものではない。企業経営に携わるすべての人々の力を結集し、必ず再生するという強い信念の元に、正しいやり方で各段階での一歩一歩を確認しながら進んでいかなければならない。 
 企業経営に係わるすべての人々、顧客、株主、経営者、従業員、関係会社、金融機関等の各々が協力或いは自分の責任の取り方を認識し、「企業再生」を果たさなければならない。
 どんなことがあっても会社は潰してはならない。特に経営者は、このことを肝に銘じておくべきである。

                                 <次コラムへ続く>

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(群馬県 / 経営コンサルタント)
澤田経営研究所 代表

ミッションは、コンサルタントを必要としない企業に変革すること

「コンサルタントを必要としない企業体質にする=自力経営支援」をミッションに掲げ、企業の着実な発展を支援します。現状を打破したいという経営者の思いを受け止め、徹底した現場主義を貫き、御社の一員として全力で取り組ませて頂きます。

027-322-7492
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。