キャッチなコピーを考えましょう! - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

高坂 泰三
株式会社アドミクス 取締役
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

キャッチなコピーを考えましょう!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
ネットショップ ページ作り
今回は Webライティング について考えてみたいと思います。
以前もご紹介しましたが、サイトを見ている方は、「3秒」で
自分に必要な情報かどうかを判断しています。

ということは、文章をあまり読んでいない と言えます。

(もちろん、お気に入りのサイトは、すでに信頼していますので、
 その情報をじっくりと読んでくれます)

☆そこでWebライティングで注意すべき点
 ●結論から先に書きましょう

   ※一般文書は「起・承・転・結」が基本とされますが 
    Webサイトでは結論から書きます。
     「○○はお得だ」、その理由は「美味しい」 「早い」 「安い」からだ。


 ●印象に残る「キャッチコピー」を考えましょう

  ・「安い」という表現は、「激安」 「衝撃価格」 「最安値」 「赤字覚悟」

  ・「今買う理由」は、「期間限定」 「数量限定」 「女性限定」
            「売り切れ続出」 「即完売」 「早いもの勝ち」
            「ある分だけ」 「今なら間に合う」 「解禁」

  ・「人気がある」は、「大好評」 「大絶賛」 「伝説の」 「大行列」
            「リピート続出」 「〜受賞」 「連続」 「ランクイン」

  ・「お得感」は、「送料無料」 「福袋」 「おまけ付」 「お試しセット」
          「しかも○○、さらに○○」 「同梱」 「サービス」

  ・「本物感」は、「職人(技)」 「○○産」 「上質な」 「極上の」
          「贅沢な」 「個性派」 「こだわりの」 「レアな」

  ・「食べ物」は、「濃厚な」 「芳醇な」 「半生」 「くちどけ」 「食感」
          「たまらない」 「獲れたて」 「直送」 「ハーモニー」

 これらはほんの一例ですが、日ごろ使う言葉も、言い方を替えるだけで
 相手の心に響く言葉になります。

 Webの特性を考えて、あなたのお店に合った言葉を考えてみてください。