高級賃貸マンションの賃料改定について - コラム - 専門家プロファイル

柳 一幸
株式会社アライバル 
東京都
不動産業
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

高級賃貸マンションの賃料改定について

- good

皆様こんにちは。

アライバルの柳です。

 

今回のコラムは高級賃貸マンションの賃料改定について書きたいと思います。

 

10月1日付けで賃料改定を実施し賃料を減額した高級賃貸マンションが多くあります。

弊社が取り扱っている新宿・中野・渋谷エリアでも賃料減額改定をした物件がありました。

以下の様な、そのエリアの代表的なタワーマンションが賃料減額改定を行っています。

 

リエトコート夏目坂

大江戸線『牛込柳町』駅と『若松河田』駅の中間で両駅ともに徒歩5分圏内の高級タワーマンションです。

47㎡の1LDKタイプが14万円台から74㎡の3LDKタイプが27万円台でご紹介可能です。

空室と間取りはこちらからご確認ください。

 

MY TOWER RESIDENCE

JR『代々木』駅徒歩3分の高級タワーマンションです。

31㎡のStudioタイプが13.5万円から61㎡の2LDKタイプが23万円でご紹介可能です。

空室と間取りはこちらからご確認ください。

 

ユニゾンタワー

JR『東中野』駅徒歩1分の高級タワーマンションです。

32㎡の1Kタイプが13万円台から69㎡の2LDKタイプが24万円台でご紹介可能です。

空室と間取りはこちらからご確認下さい。

 

ここからは10月に入り賃料を減額改定した物件が多い背景をご説明したいと思います。

 

賃貸マンションの契約件数は毎年9月は非常に多くなる傾向にあります。

その理由は9月は法人の異動の時期であり、引越しをされる方が非常に増えるからです。

逆に10月中旬から年末にかけて引越しや部屋探しのニーズが毎年減少傾向になります。

年末に近づくと一般的に公私ともに多忙になる方が多く、引越しや部屋探しの優先順位が下がる傾向にあるようです。

 

次に年明けの1月以降は賃貸業界のトップシーズンになるのですが、この谷間の10月中旬から年末にかけての

引越しニーズを掘り起こすために、一時的な賃料減額改定を考えるオーナーや管理会社が多いのです。

 

一時的な賃料減額改定なので、需要が供給を上回わる1月以降の賃貸のトップシーズンには

非常に強気な賃料設定に戻る傾向にあります。

 

つまり、10月から年末にかけては非常に良い条件で入居できることが多いです。

 

この条件の良い時期に引越しをご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

弊社では新宿・中野・渋谷エリアを中心に高級賃貸マンションを多数取り扱っておりますので

お気軽にお問合わせ下さい。

 

新宿・中野・渋谷エリアの高級賃貸マンションサイトはこちらから。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

お引越しの段取りについて 柳 一幸 - 不動産業(2015/03/19 16:31)

審査書類の運転免許証について 柳 一幸 - 不動産業(2015/03/12 08:54)

仲介会社の免許番号について 柳 一幸 - 不動産業(2015/01/31 13:52)

入居審査の否決理由の非開示について 柳 一幸 - 不動産業(2015/01/25 20:41)

賃貸マンションの地震保険について 柳 一幸 - 不動産業(2015/01/16 08:21)