賃貸マンションの地震保険について - コラム - 専門家プロファイル

柳 一幸
株式会社アライバル 
東京都
不動産業
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

賃貸マンションの地震保険について

- good

皆様こんにちは。
アライバルの柳です。

今回のコラムは地震保険について書きたいと思います。

賃貸マンションを契約する際には、
火災が起きた場合に備えて、必ず火災保険を契約します。

この火災保険は、建物にかかるものではなく、入居者の家財に損害が発生した場合に
保険金がおりる家財保険です。

この家財保険に加えて、地震保険の加入を検討される方も徐々に増えていますので、
賃貸マンションの地震保険について解説したいと思います。

まず、地震保険は単独では契約できず、必ず家財保険とセットで契約することになります。
家財保険とセットで契約するということは、家財保険と同じで、建物の損傷にかかるものではなく、
地震により、入居者の家財に損害が発生した場合に保険金がおります。
地震保険を契約していれば、
地震による直接的な家財の損害以外に、地震により発生した火災や津波による家財の損害も
保証の対象となります。

ただし、地震保険は、地震による損害の満額を保証するわけではなく、
家財保険の30%~50%の補償額で設定することになりますので、
例えば300万円の補償の家財保険とセットで加入する地震保険の補償額は
90万円~150万円で設定することになります。

地震保険の支払いの基準は、家財の損傷の状況を細かく認定して支払うわけではなく、
以下の3つの基準で支払われます。

・全損(家財の損害額が家財の時価額の80%以上)→支払われる保険金額の100%
・半損(家財の損害額が家財の時価額の30%以上80%未満)→支払われる保険金額の50%
・一部損(家財の損害額が家財の時価額の10%以上30%未満)→支払われる保険金額の5%

300万円の家財保険とセットで、地震保険の補償額150万円の場合、
半損であれば、75万円が支払われ、一部損であれば75,000円が支払われることになります。

お住まいになられる地域、物件の構造によって、地震保険の必要度も変わってくるかと思いますが、
上記を参考に地震保険を検討してみてください。

アライバルでは新宿・中野・渋谷エリアを中心に高級賃貸マンションを多数取り扱っております。
新宿・中野・渋谷エリアを中心とした高級賃貸マンションサイトはこちらからご確認いただけます。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

賃貸マンションの火災保険について 柳 一幸 - 不動産業(2013/02/11 19:40)

お引越しの段取りについて 柳 一幸 - 不動産業(2015/03/19 16:31)

審査書類の運転免許証について 柳 一幸 - 不動産業(2015/03/12 08:54)

仲介会社の免許番号について 柳 一幸 - 不動産業(2015/01/31 13:52)

入居審査の否決理由の非開示について 柳 一幸 - 不動産業(2015/01/25 20:41)