米国特許判例紹介:賠償額150億円の文言解釈 - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

河野 英仁
河野特許事務所 弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

米国特許判例紹介:賠償額150億円の文言解釈

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
米国特許判例紹介:賠償額150億円の文言解釈 執筆者:弁理士 河野英仁

米国特許訴訟における損害賠償額は年々増加傾向にある。ソフトウェア特許に関しても同様である。本事件では、特許権侵害が認められ1億1500万ドルもの損害賠償が命じられた。これに加えて被告が故意侵害を継続し、またその行為を隠したとして懲罰的に2500万ドルの追徴が認められた。合計額は1億4000万ドル(約150億円)となった。

 被告はクレームの文言解釈について争い、被告製品はこれらの特許を侵害しないと主張した。クレームの文言「ソフトウェアに関するパスワード」が争点の一つとなった。当該文言一つが150億円の損害賠償を左右した。以下では、CAFCがこの文言をどのように解釈したかを解説する。


続きを読む
 |  コラム一覧 |