地デジ機器が無くとも早めの対応がマル - 住宅設備全般 - 専門家プロファイル

松本 秀守
代表取締役
住宅設備コーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

大谷 正浩
(住宅設備コーディネーター)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

地デジ機器が無くとも早めの対応がマル

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 住宅設備全般
地デジアンテナ事情
【質問】
新築の一戸建てです。
現在、地上アナログ対応の機器しか持っていませんが今回アンテナ工事をするにあたり、地上アナログ用のVHFアンテナと、将来を考えて地上デジタルを受信するUHFアンテナを同時に設置したいと考えております。
地上デジタルチューナーを持っていなくても、何か設置することによるメリットはないでしょうか?

【回答】
最近はほとんどのお客様が、地上アナログ用VHFアンテナと地上デジタル用UHFアンテナを同時に設置しています。
東京の場合どちらも東京タワーにアンテナを向けますが、実は東京タワーからは1ch〜12ch以外に下記のような番組が放送されています。

放送大学
MXテレビ

これらの番組はアナログの周波数帯で放送されていて、UHFアンテナで受信します。
※MXテレビは現在地上デジタルでも放送されています。放送大学は2006年12月からデジタル放送でも放送予定です。

このように地上デジタルチューナーが無い環境で地上デジタルを受信できるUHFアンテナを設置した場合、放送大学とMXテレビが視聴できるのです。
更に、VHFアンテナを設置し数年後UHFアンテナを設置する方法をとった場合、アンテナ工事代金は割高になってしまいます。

以上のことから、新築時にテレビアンテナ工事を行う場合は、VHFアンテナとUHFアンテナの両方を設置する事をお勧めしています。


テレビアンテナ工事のプロ集団  テレビアンテナ工事の工事919.com