どうですかね?電通がイギリスのイージスを買収、 - 海外展開 - 専門家プロファイル

萩原 貞幸
株式会社ファンドファンクション 代表取締役社長
大阪府
経営コンサルタント/起業家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

どうですかね?電通がイギリスのイージスを買収、

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 海外展開

買収金額 約3955億円。

電通は世界5位。イージスは8位。


買収後も世界5位で、少しだけ4位との差が縮まる模様。

電通の狙いとしては、イージスの世界主要企業との口座獲得


新興国の拡充、海外の営業基盤獲得により

海外の売上比率を40%ほどに高めるとのこと。

電通は以前フランスのピュブリシスと資本提携

その後解消したことがある。

 

課題としては大きく2つ。
 

1つは、本当にシナジーが得られるか。

端的な話し、買収によって電通の売上利益が

足し算以上に得られるかどうか。

広告業は広告という目に見える成果物はあるものの

 
ビジネスの本質は人 

サービスであるためシナジーは

なかなか得られにくいと考えられる。

  


2つめは、

1つめに関連しますが、

投資額約3955億を早期に回収できるかどうか。

 

おそらくイージスの利益は約240億ほどと考えられるため

シナジーが得られなければ回収までに結構な時間がかかる。


景気の良い時は、投資に対するリターンという考え方だけで

何%だからOKという考え方はありましたが、


経済情勢が不安定な昨今 投資額を回収するためには、

もっと平たく言うと投資額稼ごうと思うと

どれだけ大変かということを考えなければなりません。


いくら電通様とはいえ4000億稼ごうと思うと大変です。

営業利益ベースでみると現在電通が600億ほどですので

単純に6~7年、当期利益ベースでいくと12年以上かかる計算になります。


それだけの金額を出す価値があるかどうか。

 

このコラムに類似したコラム

日経記事;『新日鉄住金、新興国で最先端鋼板』に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/10/16 09:45)

日経記事;『電通、顧客のグローバル化追う 』に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/07/13 11:14)

日経記事;11年度設備投資2ケタ増 新興国デジタル向に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/06/06 05:31)

日経記事;いすゞ,独VW提携交渉 トラック技術を補完 に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/04/22 07:47)