【小さな親切で大きなお世話♪】 - 性格改善 - 専門家プロファイル

福島 あや
コラボカラーズ 甘辛!? シンキングアドバイザー
神奈川県
メンタルヘルスコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【小さな親切で大きなお世話♪】

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 性格改善

さて、すっかりご無沙汰しておりました。

法人化などに時間を取られていましたが

無事、立ち上げと記念イベントを終えて戻ってまいりました~。

 

今日は全ての人が今日から出来る『小さな親切で大きなお世話』について書いてみます。


皆さんも、デパートやショッピングモール
駅などで、エレベーターに乗る事がありますよね。

その時、しばしば途中階から乗ろうとしてくる人に出会う事がありませんか?


でも、既にエレベーター内は満杯に近くて
扉が開いても乗れない雰囲気。


ところが、開いた扉の前には小さな子が乗ったベビーカーを押すママ

いかにも足の悪そうなお年寄り・・・。


エレベーター内に、一瞬にして漂う『…』なムード。


『あぁ…乗れないよね…』
『ちょっと気の毒だな…』
『気まずいなぁ…』

心の中に、こんな言葉が浮かぶでしょう。


あっ、もし何にも感じないなら感じて下さいね。

みんなが少しずつ思いやれば、街も未来も暮らしやすくなります。


でね、そんなプチ気まずいムードでオススメするのがこの一言。

『あっ、あたし(大して)急いでないから降ります。(代わりに乗せてあげて)』


満杯のエレベーターを一機見送っても、次のにベビーカーが乗れる可能性は少ないのです。

お年寄りは、エネルギーの燃費が悪いものです。
代わってやれない理由が無いなら、代わってやれば良いとは思いませんか?


誰も言い出さず、再び閉まったエレベーター内で
さっき浮かんだ小さなモヤモヤを薄めようと携帯いじるより

小さな親切で作った別のルートで、人生と今日の自分を変えてみましょう。

『昔は小さな親切大きなお世話』なんて言いましたが

そんな台詞は、大人にもなっても

『余計なお世話』か『必要なお世話』か分からない人たちの言い訳に過ぎないのです。

 

このコラムに類似したコラム

睡眠専門家の睡眠知識講座 「SSとLSの性格傾向」 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/04/05 21:36)

正直になること、それが心身に良い影響を与えるのである 平澤 一美 - メンタルコーチ(2016/09/23 17:03)

チャクラのフラワーエッセンスを使った「瞑想法セラピー」開催のお知らせ 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2016/09/19 22:42)

以前と違う心持ちで。 松本 仁孝 - 行政書士(2016/07/23 15:25)

壊れかけの時計 松本 仁孝 - 行政書士(2016/05/06 14:23)