営利法人が運営する介護サービス事業所に対する監査 - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

寺崎 芳紀
株式会社アースソリューション 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

営利法人が運営する介護サービス事業所に対する監査

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営コンサルティング全般

こんにちは!株式会社アースソリューションの寺崎でございます。

本日は、表題の「営利法人が運営する介護サービス事業所に対する監査」について書かせていただきます。

国において、介護保険サービス事業者への不正事案を防止し、介護サービスの適正な運営を確保する観点から、「経済財政諮問会議」での議論を踏まえ、「経済財政改革に関する基本方針2007」の閣議決定がなされました。

これを踏まえ、厚生労働省では、介護サービス事業者に対する法令遵守を徹底させるため、平成20年度から24年度までの5年間で、営利法人が運営するすべての介護保険サービス事業所に対して、指導監査を実施するという方針が示され、随時各都道府県にて実施しております。
今年度は、その最終年度ということになります。

営利法人、すなわち株式会社や有限会社、合同会社等が行う介護サービス事業所は、すべてこの5年間で監査を受けるといゆことになります。
いわゆる実地指導では、運営基準についての検査だけでなく、報酬(加算含む)についても厳しくチェックされますが、この監査は、基本的に運営基準に合致して運営がなされているかを、チェックするようです。

まあ、毎日毎日帳票の整備等はしっかりやっておれば、監査時に慌てる必要がないと、よく言われます。
確かにその通りなのですが、とは言え普段から業務に忙殺されていますと、なかなか難しいのも実情です。

行政は、介護サービス事業所に対しては、「性悪説」の考え方に立っているように見えるかもしれません。
しかし、行政もはじめから、指定取り消しにしてやろうとか、報酬返還を食らわしてやろうとか、そんなスタンスではないと思うんですよね。適正な運営をしている事業所には、長きにわたって存続してほしいと思っているはず。
少なくとも2025年までは、高齢者は確実に増え続けるのですから。

しかし、やはり悪質な運営の仕方をしている事業所があるのも、事実としてある。
それにより、サービスを利用されるお客様が不利益を被らないように、行政が目を光らせている。
適正な運営をする、お客様から選ばれる事業所にするために、時々行政にからご指導をいただいた方がいい。
そう思っていた方がいいですね。

とはいえ、私も過去に監査対応をした経験がありますが、本当に心が重かったです。
事業所の経営者さんや管理者さんの気持ち、よくわかるつもりです。

だから、もし上記のような監査対策等のお手伝いが必要であれば、弊社はお手伝いが可能です。

よろしくお願い致します。


このコラムに類似したコラム

会社全体が頑張れる時 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/10/11 08:52)

Japan Venture Awards 2014のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/09/13 07:14)

地域特性にこだわる 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/08/14 10:04)

2013年版中小企業白書 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/05/16 07:13)

介護保険法改正から3ヶ月 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2012/07/05 23:39)