知的財産権についてのトピックス(16) - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

特許業務法人エム・アイ・ピー 代表弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

知的財産権についてのトピックス(16)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
知的財産権についてのトピックス2007
東京都の知的財産総合センターの外国特許出願費用助成事業の申請が終了しました。

外国出願を、中小企業が行う場合に、300万円を上限として費用総額の1/2まで資金的な助成を受けることができる制度です。

これまで何回か申請の機会がありましたが、今回、初めてとあるベンチャー企業が申請しました。
「資金的に余裕がないのが申請する理由です」と真っ先に言われてしまったので、手弁当で資料作成に協力することになりました。

所員(社員)からは、また「ただ働きで...」という声もあがっていました...が、勉強させていただきました。

申請が認められれば、外国出願の費用面でのポテンシャルが下がります。ネットワーク系の発明の場合、外国にサーバが設置され、国内PCのブラウザで外国にアクセスする場合も想定されるので、我が国の特許だけでは保護できない可能性があります。

特にネットワーク・ベンチャー企業などは、米国などの主要国の他、現今の環境では、特にアジア方面の権利化を検討する場合に役立ちます。

以上のように、申請が認められればベンチャー企業にとって大変役立つ制度ですので、特許出願された中小企業・ベンチャーの方は、申請時期を心に留めて置くことも良いでしょう。

東京都知的財産センターのURIは、以下ですので、ご参考下さい。

http://www.tokyo-kosha.or.jp/chizai/josei/index.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁理士)
特許業務法人エム・アイ・ピー 代表弁理士

知的財産権をより身近にするサービス

知的財産について、化学(ナノテク)、機械、土木建築、制御技術、情報処理、ソフトウェア、ビジネスモデル特許などの分野でご希望・お困りの場合には、お気軽にご相談下さい!

カテゴリ 「知的財産権についてのトピックス2007」のコラム