本当の「人材育成」とは? - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

藤島 淑子
株式会社インディプロス 代表取締役/コンサルタント
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

本当の「人材育成」とは?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
組織・人材マネジメント 人材育成
あるベンチャー企業経営者が、こんなことをおっしゃっていました。

「私は、人材育成はしていません。人が人を育てるなんて無理。
 人を育てるのは仕事しかないのです」


実際、学ぶ気持ちや意欲がない人は、誰が何を言っても育たない。

何よりもまず、人材育成に一番大切なのは、人が「成長したい」と
思うような仕事や環境が存在することだ、ということなのでしょうか。


でもそこには、上司、経営者としての、様々な意図や配慮、想いが
込められているはずです。

 ・各人が今どのような課題を抱え、どのような成長のフェーズに
  あるのかを知り、今、どのような場を与えることが有効なのか
  を考え、

 ・仕事において、各人にどのようなプレッシャーを与え、
  どのようなサポートやフィードバックを行うべきかを適切に
  判断し、

 ・そして何より、本気で「育ってほしい」という気持ちを持って、
  部下や社員と接する・・・


これらは、立派な「人材育成施策」の一つ。

そしてこの経営者は、これらのことをとても巧みに実行しています。

「人材育成には手をかけていません」という言葉は、この方独特の
言い回しなのであって、真意ではないな、と感じました。



この方が言いたかったのは、

「教育研修だけが人材育成施策ではない。人を育成するためには、
 もっともっと本質的で、もっともっと大切なことがあるんですよ
 (=環境や場作りが、上司としての重要な役割なのですよ)」

ということなのだと思います。


超左脳派で有名な経営者でも、社員に対しては、とても熱い気持ち
で接していることに、感銘を受けました。


今は空前の人材育成ブームのようですが、「本当の人材育成」に
ついて、ぜひ考えてみてはいかがでしょうか。


★無料レポート:人材育成施策の5つの要(かなめ)