発想の転換で広い玄関をつくりましょう - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社ノアノア空間工房 代表取締役
東京都
建築家
03-6434-7401
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

発想の転換で広い玄関をつくりましょう

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
女性建築家 現場の風景 パティオのある家
ノアノア空間工房の大塚です。

今回は広い玄関の作り方をお教えしましょう。
といっても1つのアイディアなので玄関の作り方は
沢山あります。

「パティオのある家」の玄関は
パティオとつながっているので
玄関というかパティオというか曖昧な空間です。

写真はオープンハウスの当日に10人以上の方がある時間帯にいらしたとき
の玄関の様子です。なんともにぎやかでいい感じです。
玄関は広くてのびのびしているほうがいいですが
どうしても狭いときにはこのように
発想の転換をしてみましょう。

玄関という概念にとらわれず
くつを脱ぐところという感覚で設計するんです。

家作りに大切なことは
家という概念を一度捨てて住まうところという感覚で
設計することだと思います。

もっともっと頭を柔らかくして
家づくりを楽しみましょう。

http
有限会社ノアノア空間工房  TEL03−3407−5512
東京都渋谷区東2−24−4 6F
tokyo@noanoa.cc

女性建築家大塚泰子のBLOG
http

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
有限会社ノアノア空間工房 代表取締役

雰囲気、空気感―目に見えないものを、建築という“形”に

毎日何かを感じたり、気づいたり、安らいだり――あなたが自然体でいられる空間を作ることが私の仕事です。素敵な詩や写真、絵に出会ったときのような、わくわくする世界が感じられる建築を作っていきたい。それが私の目指す「建築」です。

03-6434-7401
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「女性建築家 現場の風景」のコラム

曖昧空間のすすめ(2007/11/07 17:11)