60代の家造り(趣味に生きる) - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

60代の家造り(趣味に生きる)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅

今日から趣味にしている町内ソフトボールリーグ戦が始まります。
私は今年で57歳になりましたが、まだ現役です。監督やコーチではありません。我が町はソウトボールが非常に盛んで、リーグ戦に参戦する為県外からも選手が集まります。
現在11チームでリーグ戦を行っています。それ以外にも年代別の選抜チームを結成しまして、県大会や全国大会に出場しています。
57歳でも現役でいられるのは、この年代別大会があるためです。最高齢大会は65歳以上クラスがありますので、まだ10年くらいは頑張れます。
一般の人が50歳以上のソフトボールなんてと思われるでしょうが、長年継続してスポーツをしている50歳代は普通の50代と大分違います。さすがに瞬発力は若い人に及びませんが、身のこなしは負けていません。50歳以上は如何に体力・反射神経・集中力を持続させるかにあります。
私は投手をしていますので、基本的には毎日投球練習をします。その為に庭を改造してピッチング練習が出来る様にネットを張っています。家の中でも筋トレが出来る様に色々改造しています。
60代になってもソフトボールは続けるつもりでいてますので、来年当たりに家を改造しようと考えていますが、その時もソフトボール為の家造りをしようと思っています。(嫁はんに怒られない範囲で・・・)

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

空き家活用プロジェクト 小木野 貴光 - 建築家(2016/09/15 10:00)

子供室の計画は? 栗原 守 - 建築家(2016/07/03 11:45)

【スキップテラスの家】掲載されました 西島 正樹 - 建築家(2016/04/14 13:44)

屋根のルーフィング張り 松永 隆文 - 建築家(2016/03/17 17:32)

いざ鎌近。神奈川県立近代美術館鎌倉・最後の日々 岩間 隆司 - 建築家(2016/01/29 14:43)