電気はたくさん使うと割高に! - CSR・環境経営 - 専門家プロファイル

小林 幹夫
有限会社 電気の問題解決 
静岡県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

電気はたくさん使うと割高に!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. CSR・環境経営

経済の原則では、
たくさん買えば
安くなるのが普通ですよね。

例えば
個人が買う自動車1台と
会社で買う自動車10台では、
どちらが
安く買えるか
(一台あたりの価格)
間違える人はいないですよね。


経済の原則で
たくさん買えば安くなります。


でも、
電気料金は逆なんです!!

たくさん使うと
割高になるんです。

要するに、
少し使う人の1kwhあたりの価格より、
たくさん使う1kwhあたりの価格のほうが、
高いんです。

おかしいですよね、
一足買った靴下より
五足買った靴下の
値段(一足あたり)のほうが高いんですから。



家庭の電気料金から見てみます。

家庭の電気料金の内訳は、
もっとも一般的な東京電力「従量電灯B」で、
(基本料金)+(使用電力料金)+(燃料調整額)+(太陽光推進費)ー(割引)
となっています。


基本料金は
契約電流10A 赤  273.0円 
     15A 桃  409.5円
     20A 黄  546.0円
     30A 緑  819.0円
     40A 灰  1092.0円
     50A 茶  1365.0円
     60A 紫  1638.0円
と、大きい契約ほど
高くなっていきます。
余裕があるなら、
契約を下げれば
それだけ安くなります。


使用電力料金は、
三段階になっていて、
月の使用量が120kwhまでは
    1kwhにつき 17.87円
120~300kwhは、
    1kwhにつき 22.86円
それより使うと
    1kwhにつき 24.13円
たくさん使うと
割高になります。


企業向けも
内容は違いますが、
同じ条件下なら
使うほど
割高になります。
後日説明します。



結論
10%料金値上げなら
10%省エネ・節電しましょう。
そうすれば、
10%以上の効果が出ます。

そして、
基本料金を見直しましょう。

このコラムに類似したコラム

電気料金ってどうなっているの? 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/03/22 22:00)

・秘伝!あなたがどう動けば車は高く売れるの?戦略編 相澤 英宏 - 経営コンサルタント(2012/11/01 22:01)

電力不足解消は家庭の省エネから10 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/06/20 10:00)

電力不足解消は家庭の省エネから9 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/06/16 10:00)

電力不足解消は家庭の省エネから7 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/06/10 13:00)