弁護士と司法書士、行政書士との違い - 家事事件 - 専門家プロファイル

一途総合法律事務所 弁護士
東京都
弁護士
03-3470-3311
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
加藤 俊夫
加藤 俊夫
(司法書士)

閲覧数順 2017年02月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

弁護士と司法書士、行政書士との違い

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 家事事件
こんにちは、弁護士の水嶋一途です。
最近ある方から次のような質問を受けました。

離婚のことで専門家に相談しようと思ってネットを検索しました。弁護士や司法書士、行政書士といった専門家が相談に乗ってくれるみたいですが、誰に相談するかで違いはあるのですか


弁護士も司法書士、行政書士も法律の専門家という意味では同じですが、それぞれ提供できるサービスに違いがあります。
例えば質問にあった離婚に関していえば、弁護士が提供できるサービスには制限はありませんが、司法書士、行政書士にはできないことがあります。

離婚の法律相談や離婚協議書の作成は、弁護士、司法書士、行政書士のいずれも行うことができますが、依頼者を代理して相手方と交渉したり、離婚調停・離婚審判・離婚裁判の代理人となることができるのは原則として弁護士だけです(司法書士は、140万円を超えない慰謝料請求についてのみ依頼者を代理して交渉することができますが、行政書士は代理することはできません。また、離婚調停・離婚審判については、家庭裁判所の許可を得れば司法書士、行政書士も代理人になれますが、事実上難しい状況です。離婚裁判については弁護士のみが代理人となれます)。

したがって、単なる法律相談や離婚協議書の作成ならば、提供できるサービスという意味では弁護士、司法書士、行政書士に違いはありません。
しかし、離婚問題については、相手方との交渉する場面は必ず出てきます。
そうなると法律相談から相手方との交渉、離婚調停・離婚審判・離婚裁判まで、すべてのサービスを一括して提供することができるのは弁護士しかいないということになります。

依頼する内容に応じてどの専門家に相談するか、上記のような違いを考えながら適切な専門家に相談されるといいでしょう。

弁護士に相談するなら一途総合法律事務所(東京都港区南青山)
ホームページ http://www.ichizulaw.com/
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 弁護士)
一途総合法律事務所 弁護士

高品質のリーガルサービスで依頼者の利益を護り抜きます

依頼者のお話をじっくり伺い、問題点、解決方法、費用などを、わかりやすく丁寧に親身になって説明いたします。そして、高品質のリーガルサービスで最善の結果が得られるように、常に依頼者の立場に立って問題解決にあたります。ぜひお気軽にご相談下さい。

03-3470-3311
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。