連鎖コラム「打ち合わせでの格好」→ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

敷浪 一哉
有限会社シキナミカズヤ建築研究所 
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

連鎖コラム「打ち合わせでの格好」→

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
同じPROFILEに登録している建築家の須永氏から、コラムを使って連鎖コラムをやろうと提案がありました。
まあいわゆるひとつの交換日記です。


直前の須永さんのコラム↓
http://profile.ne.jp/pf/sunaga/column/detail/21424


敷浪一哉→須永GO様

さて、打ち合わせでの服装。
僕自身もちょっとした意図を持って服装を選んでいます。
僕もあえてスーツは着ません。なんとなく鎧のようなイメージを持っていますので。
カジュアルな服の中でも、実はキレイすぎないように、ちょっと崩した格好をあえてしています。
その意図は、建て主さんの視線を下げること。
第一印象でちょっと拍子抜けされるくらいが、自分には気持ちがいいんです。
まあ実際どう思われてるかはわかんないんですけどね。ビジネスにふさわしい服装ではないのかもしれません。

僕は、現場へはよくジーンズをはいていきます。それは、現場に座り込むことが多いので、汚れてもいい服装、という
単純な理由なんですけど。

人間、大事なのは中身であって、外見は気にしないんでしょうけど、実際は外見から得られる印象は大きいですし、人間性は外見に現れてもくると思います。
だから、自分にうそをつくような服装はしないようにしようということは根底にありますね。
自分の服装をみて、嫌な思いをする建て主さんであったら、きっと家づくりも上手くいかなんだろうな、と思ってます。

でわ、リレーしますよ。
お互い自宅を事務所として活動していますが、仕事とプライベートのON-OFFをどこで切り替えていますか?
僕は、洋服を着替えることをスイッチにするようにしています。
仕事開始のときに、服を着替える・・・。終わったらグダグダの服に着替える・・・。
服を着替えても頭の中が切り替わらないこともしばしばあるんですけどね。
いかがでしょ??

須永豪さんのコラムページ
http://profile.ne.jp/pf/sunaga/column/list/