私傷病休職と復職 - 労働問題・仕事の法律全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【コラム】 私傷病休職と復職

一般的な企業の就業規則等では,私傷病休職制度として,私傷病による欠勤が一定期間(通常3~6カ月程度)に及んだ場合には休職処分として一定期間(1~2年等)を限度に就労義務を免除します。そして,休職期間中に私傷病が治癒し就労可能となれば休職は終了し復職しますが,治癒せずに休職期間が満了した場合には退職又は解雇すると定めています。

 そこで,復職の要件たる「治癒」が備わったか否かが問題となります。

行政通達によれば,「症状が安定し,疾病が固定した状態にあるものを言うのであり,治療の必要がなくなった状態」とされます。

また,裁判例(浦和地判昭和40・12・16労民16巻6号1113頁)によれば,原則として「従前の職務を通常の程度行える健康状態に復したとき」とされます。

したがって,ほぼ平癒したが従前の職務を遂行する程度には回復してない場合には治癒でなく復職は労働者の権利として認められないのが原則となります。

 

このコラムに類似したコラム

「Q&Aと書式 解雇・退職」、その6 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/30 13:52)

退職証明書、解雇理由証明書(労働基準法22条)の詳細 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/09 07:55)

退職・解雇にともなう税金・社会保険料の源泉徴収 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/07 05:03)

懲戒解雇と普通解雇の本質的な違い 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/05 14:26)

退職時等の証明、解雇理由証明書(労働基準法22条) 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/04 14:04)