相手の要望を引き出す力 - ビジネスコーチング - 専門家プロファイル

網野 麻理
La Marie Francais 代表
東京都
ビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相手の要望を引き出す力

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. ビジネスコーチング
コーチング 【女性】キャリア

あなたにとって、どちらのタイプの男性が本物ですか?

★ヒトミ★

「将来を見据えて、こんな仕事をしようと考えているの。でも資格をとるのも難しそうなんだけど、どう思う?」


★Aさん★

「すごいいいんじゃない。ヒトミちゃんにぴったりだよ!だいたいヒトミちゃんは、何やっても出来る子だし


努力家だからさ、少し頑張れば資格だってすぐとれちゃうよ。俺も応援するからさ、頑張りなよ」


★Bさん★

「今後需要は上がっていきそうな業界だよね。ヒトミちゃんの性格からすると、


マッチしているような気もするけど、より自分の強みを活かすためには


こっちの資格(別の資格)を持っていたほうがいいんじゃない?」


女性の皆さんにとって、どちらの男性が良い男でしょうか。


★Aさん★:モチベーションを上げてくれて、資格取得の為に頑張ろうと勇気を与えてくれましたよね。


頑張れば出来るかもしれない、と背中を押してくれるようなタイプです。


★Bさん★:ヒトミちゃん個人の事をきちんと理解してくれて、個性を活かせるよう具体的な


アドバイスをしてくれましたよね。知識や経験が豊富で個人の深いところを見抜けるタイプです。


AさんもBさんもどちらも良い人ですよね。選べないわ、という女性もいるかもしれません。


でも、重要なのはヒトミさんがどのような答えを欲しているか、なのです。


ヒトミさんの中で、その仕事をしたいという気持ちがある程度固まっており、でも


資格の勉強をするのが一歩踏み出せない、という状況でしたらAさんのアドバイスが


欲しいですよね。ただ単に背中を押して欲しいだけですから。


でもヒトミさんが、その仕事をする事自体に迷っていて自分に向いているのかを


知りたいと思っていたとき、Aさんのアドバイスは、希望していないものですよね。


自分の強みに対し、客観的にアドバイスをくれるBさんのアドバイスが欲しいところです。


でも、女性は、男性と比較すると欲していることをストレートに言わない生き物です。


「資格の勉強が大変そうで不安なの。私を勇気付けて」と言われれば、Aさんのように


アドバイスするかもしれません。逆に


「私の強みがどんな事なのかわからないの。この仕事に活かせるかしら?」と言われれば


AさんだってBさんのようにアドバイスするかもしれません。


男性は、女性に質問をしたりしながら、どちらの答えを求めているのか、ということを


キャッチすることが必要で、女性はできるだけ自分の気持ちや要望をストレートに


伝える、という事が必要です。


この話は、意外とビジネスの世界でも使える話なのです。

相手の要望を適格にキャッチする力のある人は、恋愛も仕事もできるのです。

このコラムに類似したコラム

Let’s Be Stronger Together, Japanese Girls! 「一緒に進めばもっと強くなれる!」 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/07/29 18:35)

あと一歩が踏み出せない日本の10代へのメッセージ 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/06/08 12:55)

日本女性が子供を産まない理由 - 日本女性の反乱 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2015/12/17 15:55)

土俵の真ん中で相撲を取る 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/05/31 14:00)

「留学」は自分の人生への競争力をつけるため 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2015/05/28 18:45)