どうして同じ家ばかりが建ち並ぶのか?1 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

増井 真也
建築部門代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

どうして同じ家ばかりが建ち並ぶのか?1

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
南与野の家
南与野の家の現場でいよいよ基礎工事が始まりました。さいたま市役所における木造3階建て確認申請第1号となるこの現場では、工事開始の許可が下りるまでなんと3ヶ月も要しました。いつも行っている工事なのですが、このような苦労の末に着工できたという思いがいつもより感慨深いものに感じます。

この現場は近隣の区画で建売がすでに建てられています。同じような建物ばかりが建ち並ぶ中にぽつんとますいいの建築が建つことになります。いつも思うことですが日本の建築はなぜこうも同じものばかりなのでしょうか。ひとつ考えられる大きな理由はコストでしょう。そして次に考えられる理由は過剰な性能をもとめる消費者の傾向にあると思います。

コストについては同じ物を大量に購入するほうが安いに決まっているわけでたとえば年間100棟建てる会社がメーカーと100個の契約を出来るメリットを生かしてコストダウンを図るという非常にわかりやすい話です。ですからわれわれのような完全なる注文住宅を作っている会社には到底太刀打ちできないような25万円という坪単価で建てられてしまうんですね。(トラブルも多いようですが・・・)

続く・・・