『人間力』ってなんだ!? - 学生の就職と転職 - 専門家プロファイル

小宮 伸広
brainchild-CareerConsultancy 代表
東京都
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『人間力』ってなんだ!?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 学生の就職と転職
大学生の就職活動 企業研究

先日、このコラムでも取り上げた就活デモ。

気持ちはわからなくないですが・・・という事でご紹介しました。

さて、その中のシュプレヒコールにもあった『人間力』について。

 

まず、これからよく聞くと思いますが、

エンプロイアビリティという概念。

見える部分と見えない部分。

どう考えても「見えない部分」の判断が大切で、面接官が注目するものここと言えます。

エンプロイアビリティーについてはこちらを参照してください

 

見える部分から、見えない部分を短い時間で紐解いていくのが面接。

それをほどきやすくするのが「自己分析」であり「企業研究を元にした企業選択」です。

あとは企業側の意向とそれがマッチするかどうか?という事です。

 

さらにもう一つ、僕の言葉で言わせてもらうと

成長する力だと思います。

 

努力出来る人物か?

努力を成果に繋げられる人物か?

この2点に尽きると思います。

社会人になると誰でも頑張っていますので、頑張れるのは当たりまえです。

その上で、その頑張りを成果に繋げられる人物が企業には必要なのです。

 

 

いずれにしても目には見えません。

しかし、皆さんだってよく使う言葉で同じようなものたくさんあるでしょ?

『信用』

『友情』

『楽しい』

 

「あいつとあいつは信用関係が出来てる」とか

「おれたちは熱い友情で結ばれている!」とか

「君といると楽しいんだ」とか。

目には見えないもので、人の評価を行っている事実があります。

 

それの少し視点を変えたものと思えばなんとなくわかる気もするでしょう。

ぜひ、大人の人から見て

「一緒に働こうじゃないか」「君なら貢献してくれるね」「会社に新しい風をくれそうだ」

こんな感じの印象を与えられるにはどうしたらいいか?

ぜひ一緒に考えていきましょう!

このコラムに類似したコラム

前の会社は、を話すとき 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/08/30 19:00)

転職の手帖11:不採用理由を分析する 市村 光之 - キャリアカウンセラー(2012/10/23 10:31)