老後 高齢者の約80%は要介護・要支援の受給者ではありません。 - 老後の生活 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

老後 高齢者の約80%は要介護・要支援の受給者ではありません。

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老後の生活
ライフプランと家計 老後の生活費

老後の設計で心配に為るのは、介護サービスです。厚労省平成22年度介護給付費実態調査の概況によれば、平成22年11月審査によれば、合計で4 135.9千人の方達が給付を受けていらっしゃいます。内、65歳以上の高齢者は3,997.2千人ですから、介護サービスの使用者の96.6%が高齢者ということになります。
男性が1,203.7千人で女性が2,932.2千人です。介護サービスを利用している約7割は女性ということが解ります。女性の寿命は男性に比べて長いので、その影響と考えています。

介護サービスを受けている方の中で、1番多いのは85~89歳のバンドで、24.4%、次は80歳~84歳の方が23.7%です。90歳~94歳の方が3番目で、15.1%ですので介護サービス利用者の約7割は80歳以上の方が受けていることがお分かりになります。

介護度の分布をみますと、支援を受けていらっしゃる方は21.2%で、一番多いのは要介護2で19.3%2番目は要介護1ですので、要介護3は15.7%ですが、要介護4と5の方で25.9%ですので、4人に1人は、自立が難しい方になります。

一方、平成23年9月15日の高齢者の人口は2980万人とされています。時期は異なりますが、これを分母としますと、高齢者で介護サービスを使用している方は約13.4%です。思っているよりも少ないのです。経済的な理由で、介護サービスを受けたくても受けられない方もいらっしゃると聞いていますが、かなりの方は健康で自立した生活を過ごされていることも解ります。

皆様が良く聞く、年寄り=弱者のイメージとは異なり、健康的な生活をしている方が多いという、喜ばしい姿が見えてきます。。

宜しければ、各種のデータで説明するセミナーにいらっしゃいませんか。
毎月ライフプランセミナーを開催しています。
年代別のイベント表、キャッシュフロー表の作成が学べるセミナーです。
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャルプランナー
日本FP協会認定CFP®
一級ファイナンシャルプランニング技能士
吉野 充巨


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフプランと家計」のコラム

このコラムに類似したコラム

老後 生活設計 居宅サービスを受けている方の人数は 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/07 16:00)

人其々の幸せの在り方~感じ方! 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2015/06/15 22:05)

人間の楽しい生き方とは? 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2015/02/17 06:00)

木と住まいの話 中舎 重之 - 建築家(2014/05/31 07:13)