老後 生活設計 最新一人当たり医療費と1件当たりの入院日数 - 老後の生活 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
橋本 亜依
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

老後 生活設計 最新一人当たり医療費と1件当たりの入院日数

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老後の生活
ライフプランと家計 老後の生活費

昨日は、高齢者の人口と貯蓄について述べています。高齢者の方の貯蓄の多さに驚かれたと思います。
今回は、老後の不安の中心をなす、医療費に関わるデータを、厚生労働省平成22年医療費の動向より抜粋いたしました。

それによると、一人当たり医療費は、表に示しました通り、70歳未満では、年間17.4万円です。また、70歳以上の方は79.3万円で内75歳以上(後期高齢者)の方の医療費は90.1万円に為っています。
これは、該当する国民一人当たりの医療費で、自己負担分ではありません。
自己負担分とすると、70歳未満は3割ですので、5.22万円に為ります。
ご承知の通り、70歳以上の方で収入が現役並みの方以外は、1割負担ですから、7,93万円に為りますし、75歳以上でも一般の方達は、9.01万円です。

もし、ご自分が平均より病みがちと思われる方は、この数値の3倍にされても、75歳以上の方で、27万円程度あれば、安心できるのではないでしょうか。
それに、一ヶ月の医療費が多ければ、高額療養費制度もあります。

では、入院した際の入院日数はどのようになっているかと申しますと
平成22年の入院日数は平均で16.55日で、病院別では個人病院の21.60日です。
差額ベッド代を心配されたとして、1日1万円と考えても平均では約22万円、倍としても44万円程度で足りる事に為ります。もちろん、日数は平均ですので少ない日数でで済む場合も在りますから、医療保険をお考えの方には貯蓄額と収入を点検されて、保険に支払う金額を貯蓄に回すことをご検討下さい。
毎月の保険金×何ヶ月で22万円~44万円を超えるのか、電卓で確認されるようお勧めします。

保険と証券を販売しない、アドバイスに特化したFPです。

宜しければ、各種のデータで説明するセミナーにいらっしゃいませんか。
毎月ライフプランセミナーを開催しています。
年代別のイベント表、キャッシュフロー表の作成が学べるセミナーです。
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャルプランナー
日本FP協会認定CFP®
一級ファイナンシャルプランニング技能士
吉野 充巨


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフプランと家計」のコラム

このコラムに類似したコラム

高額医療・高額介護合算療養費制度について 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/07 16:00)

親の死 平川 裕貴 - マナー講師(2013/09/08 16:52)

国際福祉機器展でお会いしましょう 斉藤 進一 - 建築家(2012/09/25 00:43)

少子高齢化がもたらす未来 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/01 03:39)

ロングステイヤーに佐久市の世界最高健康都市構想について 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/05 10:00)