名古屋駅における一考察 - 民事事件 - 専門家プロファイル

菊地総合法律事務所 代表弁護士
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年06月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

名古屋駅における一考察

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件

 本日、仕事で名古屋に行ってまいりました。

 名古屋駅で気がついたこと。エスカレーターの傍らに、「歩いたり、走ったりしないように」との掲示があります。

 走らないように、というのは分かりますが、歩かないように、というのは何か理由があるのでしょうか。それほど危険とも思えないのですが。

 私はどうしたか。格言のとおり実行しました。When in Rome, do as the Romans do. 郷に入っては郷に従え。東西に似たような言葉があるのが興味深い。それはさておき、左に寄って、エスカレーターの動きに身をまかせました。見渡すと、二人分の幅があっても、歩く人はいないようです。

 関東にお住まいの方は、同じように、歩かないときは左側に立つのではないでしょうか。私も、それが習い性となっています。歩くことは禁止されてはいませんが、そのときは右側です。

 ご存知の方も多いでしょうが、関西に行くと、反対に、立つ人は右、歩く人は左です。

 全国各地ではどうなっているのか。その理由や由来を調べてみると面白いのではないでしょうか。すでに、そのような考察はあるのでしょうか。どなたかご存知の方がいらっしゃれば、ご教示いただけるとうれしいです。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
菊地総合法律事務所 代表弁護士

依頼人の法的権利を実現する─それが私どもの願いです

全国各地の相続、不動産、同族会社の案件を中心に幅広く、新都心さいたま市を拠点として、永年にわたり多数手懸け解決しています。企業法務や病院・医院、寺社の法務にも精通しております。遺留分減殺請求、株式買取請求、為替デリバティブに実績があります。