なぜ、話のネタが尽きないのか? - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

咲桜 佳美
株式会社天職プロデュース 代表取締役社長
ビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

なぜ、話のネタが尽きないのか?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
天職マガジン 成功

【天職を手に入れる100の法則】


こんにちは。天職支援と天職起業の天職プロデュースです。

では、本日の法則スタート!


■......................................................................................................■

「自分はだれにどんなメッセージを届けたいのか?」を考える。

■......................................................................................................■


私はメルマガを書く前は、mixiにおいて人生のヒントなどを
書き続けていました。

いまはメルマガとアメブロを中心にシェアをしています。


ときどき会う人から、「よくネタが尽きないね」と
言われることがあります。

確かに、尽きないんです。
むしろ、減るどころか増えていくくらいでもあります(笑)


その理由は、カンタンです。

「この人に向かって、この内容を伝えたい」

という想いが、明確にあるからです。


私は、20代のころたくさん悩んでいましたが、そんなときに
いろいろな方の本や文章から、人生のヒントをたくさんいただきました。

そんな風に、いま人生を模索している人がたくさんいるでしょう。


そして、私が特にそのメッセージを必要としていると感じているのは、

「人生を変えたい!そのきっかけがほしい。」

という人です。

「そんな人に届けたい」という想いがあるんです。


でも、具体的にはだれでしょう?
そのモデルがいます。

それは、「私の妻」です。

いまでは、自分でいろいろなことにチャレンジをしたり、
自分自身で道を切り拓いていますが、そのはじめの
一歩の後押しが必要でした。

そんな妻のような人に対して、その後押しを
できるように、書いています。

ビジネスでは、その設定するモデルのことをペルソナと言いますね。

「今年で30歳、4年以上いまの仕事をしているけれど、
これでいいのかな・・もっと自分らしい生き方できるのかな?
天職なんてあるのかな・・
周りはどんどん結婚していくしな・・」

っていう感じで、その人のことを思い浮かべるわけです。


この人は、どんなメッセージがほしいのだろう?
この人は、どういうことで悩んでいるだろう?
この人は、どんな解決策を求めているだろう?

そして、この人の未来がもっと良くなってほしい。

ということを考えていると、いろいろな内容が浮かんできます。
それが身近な人なら、イメージが湧くのでなおさらですよね。


私の場合ならペルソナは妻ですから、妻がつまらない
(シャレではありません^^)と言うなら、いい内容ではないのです。
心に届いていないのですから。

でも届いたなら、もちろん妻だけでなく、なにか似たような
立場や悩みの人にも届くんですね。


ぜひ、なにかを発信するときには、その人のことをよ~く
思い浮かべてみてください。

すると、その人に届けたいことが見えてきますから。



(株)天職プロデュースからあなたへプレゼント!!大好きを仕事にするためのエッセンスがギュッとつまった無料PDF小冊子です。