「商品知識」を学ばせるだけでは不足? - 接遇・接客マナー研修 - 専門家プロファイル

有限会社カメリアエンタープライズ 代表取締役
ビジネススキル講師、マナー講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「商品知識」を学ばせるだけでは不足?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. 接遇・接客マナー研修
最近の講演から

今月の「接客セミナー」で依頼されましたのは、専門知識を基にお客様(患者さん)に接する薬局業界での「プロの接遇応対」についてでした。

ご参加者は、調剤薬局を中心に医薬品のスペシャリストばかり。 日々、新薬(商品)や新医療に関しての勉強に余念のない皆さまばかりでした。

薬局に来られた体調の悪いお客様に対し、責任を持って正しいアドバイスをし、的確な商品(くすり)をお薦めする、または正しい処方をお伝えする。 「専門家としての豊かな商品知識」こそが求められる場面です。

 

しかし、今回の「接遇」では、ここから先が大切。

自分の身に備わった商品知識と、お客様への「表現力」は全く別ものです。

ここが大きな落とし穴。

 

どんな職種でも同じですが、プロの接客ができる人とは、一人ひとりの相手に応じて、商品内容をわかりやすく簡潔に伝えられる人のことです。

 

例えば、「レストラン」の世界でも、アルバイトやスタッフ全員が「新メニュー」の試食、勉強会をやっても、そこで終わらせてしまっては不完全なのです。

頭でわかっていても、会話能力(表現力)のレベルは個人差が大きいもの。

必ず、1つ1つの商品の「説明(お薦め)ポイント」を、メモさせ、会話練習させることが教育です。

お客様の立場になって、なるべく「わかりやすく、親切に」 「明確に」 「自信をもった態度で」お伝えできるように徹底指導してこそ「商品勉強」です。

 

頭でっかちで、接客応対の未熟なスタッフを作らないように、「商品知識」と同時に、「表現(会話)」のスキルをしっかりと育てていきましょう。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ビジネススキル講師、マナー講師)
有限会社カメリアエンタープライズ 代表取締役

「企業のイメージアップ」と「サービス力向上」は人材教育から

良い「接客」と「ホスピタリティ」は、確かな「ビジネスマナー」が土台。名刺の使い方から、アポイントの取り方まで、「プロを育てる」ための丁寧な実務指導にこだわります。自分自身の25年以上の接客経験が、現場の方々からも共感をいただいております。

カテゴリ 「最近の講演から」のコラム

このコラムに類似したコラム

接遇診断コラム/お客様の心を掴む習慣とは 松岡 利恵子 - 研修講師(2013/08/05 08:47)

接遇診断コラム/同じ出来事の印象を180度変えるための応対とは 松岡 利恵子 - 研修講師(2014/01/10 14:47)

接遇診断コラム/感動を生む販売員の応対とは 松岡 利恵子 - 研修講師(2013/10/07 10:26)

企業の消費者志向がわかる! リコール(商品の自主回収)社告の見方・伝え方 池見 浩 - 消費者教育コンサルタント(2013/08/31 20:14)