郵政民営化のポイント - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

山本 俊成
株式会社ファイナンシャル・マネジメント 
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

郵政民営化のポイント

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
日本郵政公社は平成19年10月1日に民営化されました。
これに伴い郵便、貯金、保険等の各事業はそれぞれ分社化されました。
郵便事業は「郵便事業株式会社」、貯金等の銀行業務は「株式会社ゆうちょ銀行」、保険業務は「株式会社かんぽ生命保険」、サービス商品の窓口提供は「郵便局株式会社」となり、この4つの会社を統括するのが「日本郵政株式会社」となりました。

サービス内容についてもこれまで通りのものから変更になっているものもあります。

今後のコラムにて下記4ポイントについて「何が変更になり」「何が今までどおり活用できるか」を述べていきたいと思います。

1.取扱商品

2.簡易保険

3.ゆうちょ銀行の政府保証

4.かんぽ生命の政府保証

5.新商品

貯金や保険を郵便局に任せていた方々にとっては、ライフプランに大きな影響を与える可能性があります。
今後も郵便局を活用して行くのであれば、金融機関同様「自己責任」が伴うことになり、上手に活用して行く事が充実したライフプランを送れる可能性を高めると思います。


FP山本俊成へのご質問・ご意見・ご相談はこちらをクリック