仲介手数料を頂くタイミング - 不動産購入・契約 - 専門家プロファイル

楯岡 悟朗
きねや不動産株式会社 営業主任
東京都
不動産コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

仲介手数料を頂くタイミング

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産購入・契約

仲介手数料というのは、

 

物件を紹介して案内したり、

 

購入希望者を見つけて、

 

契約まで導いた報酬ではありません。

 

 

お客さんを不安にさせず、

 

不動産の専門家の立場で適切なアドバイスを行い、

 

引き渡しまで導いたサービスの対価としての報酬です。

 

 

あくまでも成功報酬ですから、

 

引き渡し時、

 

つまり取引完了時に全額受け取るのが本来あるべき姿だと思うのですが、

 

現状はそうではありません。

 

 

一般的なのが

 

 

「契約時半金、引き渡し時半金」

 

 

というものですね。

 

媒介契約書なんかにもはっきり明記されているところもあります。

 

 

契約後万が一、白紙解約になれば、

 

契約そのものが存在しなくなるので、

 

当然、仲介業者は受領した半金は返さなくてはいけません。

 

 

ただし、手付解除や違約による解除では、

 

引き渡しまでは行かずとも、

 

契約は有効に存在したものとみなされます。

 

 

「ある一定の仲介義務は果たしているから」

 

 

と言う理由で、

 

その時までに受領した報酬を返す必要はありません。

 

 

手付金を放棄すれば、

 

それだけで契約をキャンセル出来ると思っていても、

 

手数料を払っていると戻ってきませんので注意が必要です。

 

 

契約時半金もらうことについては、

 

各社の経営上の都合もあるし、

 

第三者がとやかく言う必要はないと思います。

 

契約まで導いたのは確かな実績ですからね。

 

 

だけど、仲介業務を100%こなしたわけではないのに、

 

契約時に全額回収しようとするのは、

 

どうかと思いますね。

 

 

「会社の都合で・・・」

 

 

と営業マンがお願いする際の常套文句ですが、

 

万が一そのセリフを口にされたら、

 

 

「どうせ払うものだから・・・。」

 

 

と即決せず、冷静になって考えた方がいいですよ。

このコラムに類似したコラム

人の意見を聞くのは程々に 楯岡 悟朗 - 不動産コンサルタント(2012/03/02 10:10)

≪アドキャストpresents*失敗しない住宅購入セミナー≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2016/01/25 17:41)

新築一戸建て建売・新築マンション購入を契約締結までサポート! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/12/23 14:00)

拙著「不動産の基本を学ぶ」発売されました! 畑中 学 - 不動産コンサルタント(2013/07/02 18:01)

平均価格と中間価格 岡村智恵美 - 不動産コンサルタント(2013/05/10 05:10)