正直、誠実な態度が、味方を作る2 - 男女の悩み・問題 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

正直、誠実な態度が、味方を作る2

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 男女の悩み・問題

恋愛セラピストのあづまです。

正直、誠実な態度が、味方を作る1」の続きです。


ある意味、「複雑な人間関係」は、自分のコミュニケーションパターンによって生み出されています。
複雑な人間関係ができてしまった原因の半分は自分にあると考えてみる必要があります。


もちろん、相手が良かれと思ってやっていることを、相手の気持ちにも配慮しつつ、正しく批判するのは、コミュニケーションスキルの中では高度な部類です。 何も学ばず、何も努力せずにできるようにはならないと思います。よく考え、場合によっては良くリハーサルをして、きちんと伝えることが大事です。

そして、なぜ全部が自分の責任ではなくて、半分が責任だと書いたかというと、

このような人間関係ができてしまう理由のもう半分は、やはり相手側にあるからです。
正直に本当の気持ちを伝えても、それを無視されてしまったり、こちらの気持ちなどお構いなしに自分の都合を押しつけてくるような人が周りにいると、どうしても「嘘も方便」的な対応をせざるを得なくなります。

これは仕方のないことです。

但し、「嘘も方便」に慣れてしまうと、一番怖いのは、本当の味方が作れなくなってしまうことです。
味方になってくれる人には、やはり本音を伝える必要があります。本当の気持ち、困っていると言うこと。そうして初めて、相手が本当に味方になってくれる人かどうか分かるわけです。

残念ながら、すべての人があなたの味方になってくれるわけではありません。自分のことで(大抵は精神的に)いっぱいいっぱいで、他人のことを構って いる余裕なんて全くない人や、人間的に未熟で、自分の都合を押しつけてくる人もいます。そんなときに「嘘も方便」的な対応をすることも、大人の生きる知恵 だとは思います。

しかし、肝に銘じて絶対に忘れてはならないことは、
「嘘も(時には)方便」が、いつしか、
「嘘は(大抵の場合)方便」にならないようにすることです。

本来味方になってくれるはずの人まで、自分が本音を言わないことで失ってしまっては、本末転倒です。


「人を動かす秘訣:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。2 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/04/05 14:00)

「結婚」とは?-人によって千差万別の結婚イメージ1 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/02/22 14:00)

まずは、笑顔を向けることから始めよう2 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/02/01 14:00)

女性からの逆プロポーズはマル?バツ?1 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/10/12 14:00)

男と女の違い~恋愛で活性化する脳の部位 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2011/12/30 14:00)