男と女の違い~恋愛で活性化する脳の部位 - 男女の悩み・問題 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)
ヒロコグレース
(恋愛、婚活、夫婦関係アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

男と女の違い~恋愛で活性化する脳の部位

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 男女の悩み・問題

恋愛セラピストのあづまです。

男と女は、恋愛時に同じように脳が働いているのでしょうか。
その答えは NO!
男女で、活性化する脳の部位が違うのです。

まず、男女ともに、報酬系と言われる、ドーパミンが作られる快楽中枢が活性化するのは同じです。恋愛が快感につながっていて、自然とその行動をとるように、生物として動機づけられているのです。

一方で、男女で違いが見られる部分もあります。

男性は、恋愛で視覚が活性化する

男性は、視覚が活性化することが分かっています。これは、女性ホルモンの量がウエストのくびれ(ウエストとヒップの比が7:10が最も好まれることが分かっている)に反映されるため、プロポーションから妊娠可能性を見極めるように進化したと言われています。

人間の男性は、恋愛のあと、子育てに協力するように進化したと考えられています。特に恋愛中は相手の女性に対して尽くす行動が多くなります。した がって、男性もそれなりに恋愛に対してコストを払っているわけです。セックスだけしておしまいではなく(中にはそういう無責任な男性もいますが)、彼女に 尽くし、ひいては子育てまで面倒を見る、という意味です。

そのような男性が子孫を残すためには、確実に妊娠できる女性を見分けなければいけません。そのために、ウエストのくびれを魅力的に感じるという感覚が進化したと考えられています。
なお、この「くびれ」はやせていればよいというものではなく、あくまで比率が大事で、ヒップには肉が付いていないといけないのです。

ですので、女性側の対策としては、「やせる」のではなく、あくまで原則に忠実に「女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を増やす」ことを心がけるこ とが大事です。エストロゲンはストレスの多い生活では減少することが知られていますので、まずは、リラックスして、心配事のない健康的な毎日を過ごすこと が大事ですね。特に過激なダイエット、不規則な食生活、人間関係のストレス、ハードな仕事、酒・タバコ、運動不足、睡眠不足、そして、神経質な性格もスト レス源になります。

また、恋愛の入口は「見た目」も大切ですが、男性が結婚を意識するときは、ダメな自分も責めずに優しく受け入れてくれた、落ち込んだときに優しく してくれた、ということが決め手になることが多いようですので、長続きさせるためには、受容性、相手を責めない心も育てる必要があります。ここは、「見た 目に引かれて興奮する」ような動物的な部分を超えています。高度なパートナー選びの心理が働いている部分かもしれません。

続きはこちら「恋愛の悩みに関するコラム:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

【残り8名です!】パーソナルブランディングシート(恋愛編) ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2014/08/11 07:00)

「セルフイメージは付き合う人で決まる」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2014/08/04 10:00)

【残りわずかです】パーソナルブランディングシート(恋愛編) ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2014/07/30 13:37)

【相手のことを褒めてみる】 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2014/07/07 18:00)