老後はコンパクトに住まう - 老後の住宅 - 専門家プロファイル

石井 純子
Office-j 
埼玉県
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
橋本 亜依
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

老後はコンパクトに住まう

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老後の住宅

「減築リフォーム」、ご存知ですか?

子どもが独立し、広すぎる家を持て余している夫婦が、部屋を減らすためのリフォームです。2階建てを平屋に建て替えるケースもあります。

そんなご要望が、最近、ぐっと増えています。

年齢を重ねると、どうしても体力が衰えます。手入れの出来ない部屋は不衛生で、健康的ではありません。いくら健康食品を購入しても、サプリメントを飲んでいても、毎日過ごす部屋が不衛生なのはどうでしょう?

そして、元子ども部屋。きっと何年も使わないモノであふれた、開かずの間になっているケースもあるでしょう。納戸と化している部屋も多いです。

まだ使えるから、いつか使うかもしれないから、もったいないから、置くスペースがあるから、という理由でいつまでもそこにはモノがあふれています。

そこにあるモノは、その先どうなるのか?誰かが手を付けなければ、ずっと先送りされるモノたち。何かのきっかけがなければ、なかなか動けないという気持ちも分かります。でも、そのきっかけが訪れた時では、もう既に遅いのです。

動けるときに動いておく。
整理できるときに整理しておく。
片付けできるときに片付けておく。

前もって準備をしておくことで、気持ちが前向きになりますよ。家族が顔を合わせるお盆の時期に、そんな話し合いができるといいですね。物理的にも、精神的にも、風通しの良い空間は、本当に気持ちが良いものです。家族であっても、お互いの価値観を尊重しながら、毎日を過ごしている部屋を見直してみませんか。

 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

終の棲家はどこに 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/05 16:00)

保険見直し提案も、確定拠出年金をお勧めすることも、FPとしての理念のために! 石川 智 - ファイナンシャル・プランナー(2016/07/02 17:23)

いま~こんなサイトでも頑張っています! 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2015/05/12 17:57)

親の老後と相続対策講座の研修講師を行ってきました|東京都内 明石 久美 - ファイナンシャルプランナー(2014/09/13 08:00)

介護サービスを利用するには 京増 恵太郎 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/24 10:52)