ビジネスモデルの重要性 - 営業企画・営業ツール - 専門家プロファイル

明瀬 隆郎
株式会社イーノウハウ 代表取締役
営業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

別所 諒
別所 諒
(マーケティングプランナー)
水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
村田 翔
村田 翔
(マーケティングプランナー)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ビジネスモデルの重要性

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業企画・営業ツール

ビジネスモデルの定義は結構曖昧かもしれない。大きな戦略的な話から営業の手法のような狭い範囲までをいっているところもある。まあ範囲の決め方はその企業様々でいいのだろう。でもビジネスモデルがなぜ必要かということに関しては、ここではっきりさせたい。

 

今までのほとんどの企業は今年の方向性を決めるときに前年を踏襲するというケースが多い。例えば予算は前年比の何パーセントアップという考え方だ。確かのこの手法は経営側にとっても手堅いとは言える。方法も起こりうる課題も何となく想像がつくからである。

 

しかし、いろいろな環境の変化は一気にくるのがこの時代である。震災や円高の問題やその他諸々。従来発想でやっていて行けるのか。。。。さらに事業計画ではある時期に一気に勝負に行く時期もあるだろう。じりじり下がり出した時のV字回復もそうだ。こういう時に必要なのがビジネスモデルの変更というやつである。

 

ビジネスモデルを企画し、実行に移すには準備がいる。一番の問題は幹部や部長レベルの保身力である。こういった層が会社を支えてきたのであるが、大きく変わるということに関しては、一気にブレーキになるのである。わからないからである。忙しいとか人材が足りないとか可能性がないとかいろいろ言うが本音はわからないからである。

 

次のステップがいる。

1,幹部職へのビジネスモデルとはどういうものか、どういった進め方をするのかの研修

2,幹部ちょっと下の層への研修→実際の中核部隊は彼らだからだ

3,複数のプロジェクトチームによる勉強会

4,その勉強会が発展して実行部隊

5,成果発表と情報共有

 

大きなビジネスモデルでなくてもいいが、導入する事で今までの発展途上からでは考えられなかったブレイクスルーが起こるコトに、ぜひトライして欲しいのである。

 

 

このコラムに類似したコラム

ジェームズ・アレンの名言(設計者) 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/02/11 07:45)

営業の仕組化って? 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/06/12 09:00)

新規事業立ちあげ、起業後に苦しむ「新規開拓」 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/05/19 20:15)

今から営業を始める方へ 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/04/08 19:45)