ハーブ 8 - パン・天然酵母 - 専門家プロファイル

不破 美穂子
MICCHEL パンと料理の小さな教室 料理家
東京都
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
(料理講師)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

こんにちは!

 

不破です。

 

今回は、ハーブティの美味しく飲める入れ方

 

○ドライハーブ編

 1 一人分は、ドライティーでティースプーンに約1杯。

ただし、数人分を一遍にいれるときには、紅茶を入れるときの定番で、ポット分として一杯多くいれることもあります。

ティーパックを使用するときは、それぞれの指示に従ってください。

 

2 ティーポットとカップは、あらかじめ温めておきます。

3 ハーブをポットに入れます。一度沸騰した熱湯を注ぎ、香を逃さないように素早く蓋をして3分置きます。私は、市販品で濃いのは、苦手なので、30秒しか置かない時もあります。

ハイビスカスティのように一つの塊が大きいものや、根の部分で硬いお茶などは、5分と少し長めにおいても良いでしょう!

 

○フレッシュハーブ編

 ドライの3倍の量を使用します。

 また10cm枝1本~2本を一人分と考えても良いでしょう。

 フレッシュハーブは、さっと洗い、水気をペーパータオルなどでとっておきます。

 枝のかたいところは、葉だけ摘んで入れます。

 ポットにあわせて切りますがあまり細かくしすぎるとフレッシュの場合、青臭くなりますのでかなり粗いぐらいで大丈夫です。

 

 先日オイシックスで千葉県産のハーブティセットを購入しました。

 私の大好きな、タイム・レモンバーム・レモンバーベナ・ミントが入っておりました。

 

美味しくいただけるのは、二煎目までです。


 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

一人ぐらし!? 笠井 奈津子 - 料理講師(2012/11/03 15:07)

ちょっとだけ。 笠井 奈津子 - 料理講師(2012/07/17 08:59)

ハーブの贈り物 塚本 有紀 - 料理講師(2012/06/07 22:55)

ハナマルキの塩こうじ 宮代 眞弓 - 料理講師(2012/05/27 22:33)

明日の仕込み 鴨と鶏のテリーヌ 塚本 有紀 - 料理講師(2012/05/04 22:16)