不倫されたときの心の癒し方 2 - 浮気問題・不倫トラブル - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不倫されたときの心の癒し方 2

- good

恋愛セラピストあづまです。

不倫されたときの心の癒し方1」の続きです。

始めは、怒りが何度も何度も現れて、心が壊れそうだった。
でも、夫を責めても、関係修復の道はないことを肝に銘じて、
怒りがこみ上げてくることを、夫に伝えるにとどめた。

辛い気持ちを否定せずにただ聞いてもらうだけで、楽になった。
そんな思いやりのある友だちがいたことが、A子さんにとって救いだった。

不倫した夫も、今は反省し、自責の念で傷ついているのだ。
夫を責め立てることは、夫婦関係を修復することにはつながらない。
A子さんは辛かったが、ぐっと耐えた。

話を聞いてくれる友だちがいたことが、支えになった。

怒りの下からは、つもっていた寂しさが湧き上がってきた。
そこで気づいたのだった。不倫される前から、夫婦関係は冷えていたことに。
不倫されたから、寂しくなったのではなく、
不倫される前から、夫婦の間に溝があったのだ。

そして、夫婦関係を学ぶ中で、夫からのセックスの誘いを何度も拒んだ
ことを思い出した。これは夫を深く傷つける行為だということを知った。

不思議なことに、これは怒りを鎮める効果があった。
不倫した夫が100%悪いのなら、あとは夫次第と言うことだ。
被害者の自分にできることはない。別れを選択するのみだ。

しかし、夫婦の溝が始めからあったとなれば、自分の側にも
夫を追い詰めた理由があったのではないか、そう考える余地がある。

少し冷静になれた。

なぜ、溝ができたのか。
なぜ、夫婦の会話がなくなったのか。

お互い、自分の気持ちを正直に打ち明け合った。
その結果分かったことは、

二人とも、自分の楽しいことよりも、他人の目を気にしすぎていたこと。
「仕事」「家事」などの義務に縛られていたこと。

もっとどうしてほしかったかをお互いに話し合ってみると、
きちんと義務をこなすことよりも、笑顔でいてくれることをお互いに望んでいたのだ。

そして、大きな発見だったのは、
お互い相手が不機嫌だと、心のどこかで自分を責めてしまうこと。
逆に言うと、不幸な顔をしていると、相手を傷つけると言うこと。


反省した。

いままで、つまらなそうな顔をして家事を完璧にこなしてきた。
それって、夫を傷つける行為だったのだ。

夫は、A子さんに愛されていないとずっと感じていたのだった。
いつも不機嫌に、しかも文句の付けようのないぐらい完璧に家事をこなすA子さん。
なんだかいつも、「あなたもっとしっかりしなさいよ」と叱られているように感じていた。

そうじゃなかった。
A子さんは、夫のために、一生懸命やっていたのだ。
でも、その方向が間違っていたために、夫には間違ったメッセージが伝わったのだ。

これからは、疲れたときは、生活に支障が出ないように上手にさぼること。
そして、楽しい気持ちでいられることを一番に考えようと決めた。

続きはこちら「恋愛の悩みに関するコラム:女と男の心のヘルス」


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

【相談実例】私の浮気、夫の浮気。互いにケリはついているはずなのに…。 久保田 優子 - 離婚アドバイザー(2013/02/02 10:06)

別れさせ工作を使いたい貴女へ 2 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2011/11/18 14:00)

別れさせ工作を使いたい貴女へ 1 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2011/11/13 21:00)

何故?浮気をしてしまうのか?愛情は変わるのか? 坂井 利行 - 探偵(2013/05/16 09:00)

【相談実例】夫が職場の女性と不倫…肉体関係は否定するけれど 谷口 憲子 - 離婚アドバイザー(2013/01/07 12:04)